FAQ

QA・C/QA・C++

ツール(操作)に関する

ID.17

Q. プリプロセス済みソース・コードを生成するには?

A.


プリプロセス済みソース・コードを生成するには、以下の操作を行います。
 
  • プリプロセス済みソースを生成したいソース・ファイルを含む、プロジェクト内のフォルダを右クリックし、[フォルダ・パラメータ]を選択します。
  • アナライザ・パーソナリティの[編集]ボタンをクリックします。
  • [解析処理]タブを選択し、[プリプロセス済み出力]オプションと[プリプロセス済みリストにファイル名と行番号を含める]オプションをチェックします。
  • [OK]をクリックして保存し、ダイアログを閉じます。
  • ソース・ファイルを選択し、解析します。
  • 解析したソース・ファイルを右クリックし、[プリプロセス済みソースを表示]を選択します。

- 補足 -
アナライザパーソナリティは、テキストエディタから編集することもできます。
この場合は、アナライザパーソナリティへ以下2行を追記します。

-ppl+ : [プリプロセス済み出力オプション]
-ppf+ : [プリプロセス済みリストにファイル名と行番号を含める]

<< ツール(操作)に関するに関するFAQ一覧へ戻る