FAQ

QA・C/QA・C++

ツール(操作)に関する

ID.6

Q. シンタックスエラーが一定数を超えたとき、それ以上の解析をしないような設定は可能でしょうか? QA C全バージョン


シンタックスエラーのメッセージは、ほとんどの場合オプション設定の不足であるということを聞きましたが、設定不足のまま解析してもしかたがないので、一定の量が出力されたところで解析をやめるような設定は可能でしょうか?

A.


解析オプションの -maxerr を使用してください。

例えば -maxerr=10 というオプションを指定して解析を行うと、 シンタックスエラーが10回出力されたところで解析を中断します。
シンタックスエラーに相当するメッセージは、 Version4.xJまでは、HARD ERRORと表示されるメッセージの出力数ですが、 Version6.xJ以降では、レベル9のエラーの出力数になります。

UNIX版 GUI
4.2Jでは GUIで「解析パーソナリティ」->「詳細オプション」の 「最大エラー回数」のフィールドで設定することができます。
この設定によって途中で解析を中止すると、解析中に表示される 「ステータスウィンドウ」の「ステータス」に「失敗」と表示されます。
4.5.3J以降のGUIでは、アナライザ・パーソナリティの「解析処理」にある 「中止するまでのハードエラー最大出現回数」で設定することができます。
この設定によって途中で解析を中止すると、解析中に表示される 「ステータスウィンドウ」の「ステータス」に「解析失敗」と表示されます。

PC版 GUI
4.2Jでは GUIで「アナライザ・パーソナリティ」の設定ダイアログボックスの 「スタイルと構成」のタブをクリックして「メッセージの構成」部分の 「中止するまでの最大ハードエラー出現回数」のフィールドで設定することができます。
この設定によって途中で解析を中止すると、解析中に表示される 「解析状態画面」の「状態」に「解析ワーニング」と表示されます。
4.5.3J以降のGUIでは、アナライザ・パーソナリティの「解析処理」にある 「中止するまでのハードエラー最大出現回数」で設定することができます。
この設定のために途中で解析を中止すると、解析中に表示される 「解析状態画面」の「状態」に「解析警告」と表示されます。

<< ツール(操作)に関するに関するFAQ一覧へ戻る