FAQ

PERFORCE

システム管理

ID.

Q. Perforceサーバのログはどのような方法で管理することができますか?

A.


Perforceサーバが出力するログを管理する方法は2つあります。
- 管理方法
1. 構造化ログファイルによる管理
2. P4D起動オプションによる管理

- 詳細
1. 構造化ログファイルによる管理
ログファイルを構造化形式(.csv)で書き込むようにPerforceサーバを構成することができます。構造化ログファイルには一般的なログファイルよりも詳細な情報が含まれ、より解析しやすくなっています。
※詳細な情報が含まれる分、相当量のディスクスペースが消費される可能性があります。ローテート設定を併せて行っていただくことをお勧めいたします。
詳細につきましては、以下のURLをご覧ください。

- ログ記録と構造化ログファイル
http://www.toyo.co.jp/files/user/img/product/ss/help/perforce/r15.1/manuals/p4sag/chapter.superuser.html#superuser.advanced.logging

- 構造化ログ設定
ここでは、コマンドログ、エラーログ、監査ログの設定を例として説明いたします。

    コマンドログ
   - コマンド例
     p4 configure set serverlog.file.2=C:\log\command\commands.csv

    エラーログ
   - コマンド例
     p4 configure set serverlog.file.3=C:\log\error\error.csv

    監査ログ
   - コマンド例 
     p4 configure set serverlog.file.4=C:\log\audit\audit.csv

- ローテート設定例
ログファイルのローテートには、3つの設定が必要となります。

 1. ログファイルサイズの設定
   ログファイルがローテートされるファイルサイズを指定します。
   ※単位はMBでの指定となります。

   - コマンド例(200MB/ファイル)
    p4 configure set serverlog.maxmb.2=200
    p4 configure set serverlog.maxmb.3=200
    p4 configure set serverlog.maxmb.4=200

 2. ログファイル世代数の設定
   保存するログファイルの世代数を指定します。

   - コマンド例(5世代)
    p4 configure set serverlog.retain.2=5
    p4 configure set serverlog.retain.3=5
    p4 configure set serverlog.retain.4=5

 3. ローテート番号カウンタ設定
   ログファイルにローテート番号を追記する場合、カウントを設定します。

   - コマンド例
    p4 configure set serverlog.counter.2=log2
    p4 configure set serverlog.counter.3=log3
    p4 configure set serverlog.counter.4=log4

以上が、構造化ログの設定とログローテートによる管理方法となります。

2. P4D起動オプションによる管理

Perforceサーバ起動時に利用可能なオプションを用いることで、監査ログとサーバコマンドログの出力先を指定していただくことができます。
P4Dオプションの詳細は、以下のURLをご覧ください。

- P4Dオプション
http://www.toyo.co.jp/files/user/img/product/ss/help/perforce/r15.1/manuals/p4sag/appendix.p4d.html#p4d.options

- 利用オプション
-A : 監査ログファイルを指定します。
-L : ログファイルを指定します。

 - オプション設定例
 p4d -r /p4root -p 1666 -A /var/log/p4audit/audit.log -L /var/log/p4server/server.log

以上が、P4D起動オプションによる管理方法となります。

ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくこちらまでお問い合わせください。

<< システム管理に関するFAQ一覧へ戻る