ソフトウェア開発支援
IR情報 会社情報

FAQ

QA・C/QA・C++

QA·C/QA·C++に関する

ID.

Q.静的解析を掛けた後のメトリックスの結果でSTM29(他の関数から呼び出された回数)という項目がありますが、他の関数からコールされているにもかかわらず" 0 "となっている結果があります。なぜですか?

A.

QAC の解析は、大きくは個々のファイルについての解析と、プロジェクト全体についての解析に分けられます。プロジェクト全体についての解析は、クロスモジュール解析(CMA)と呼びます。STM29(他の関数から呼び出された回数) を計測するにはプロジェクト全体を確認する必要がありますので、STM29 は CMA で計測されます。他の関数からコールされているにもかかわらずSTM29 の項目が" 0 "となっている結果がある場合、以下の2つの原因が考えられます。

- 想定される原因
1.クロスモジュール解析(CMA)が実行されていない
※CMA は [解析] > [クロスモジュール解析] > [実行] で実施します。
※[解析] > [クロスモジュール解析] > [プロジェクトの解析時にCMAを実行] を選択すると、 [解析] > [プロジェクトの解析(CMA付き)] から、個々のファイルから CMA までの解析を一度に実施することができます。


2.クロスモジュール解析(CMA) の前に個々のファイルについての解析でエラーが発生している

※クロスモジュール解析(CMA)については、こちらをご覧ください
evernote share Google plus Face Book Google plus Liked In

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。