FAQ

ライセンス管理

QA・C/QA・C++のライセンス

FLEXlm

ID.14

Q. ライセンスが取得できません。何を調べれば良いですか?: QAC4.5.3J/QAC++1.5J以上

A.


1. ライセンスサーバーでライセンスサービスが起動されているかどうかを確認して下さい。
>lmutillmstat-c@[サーバーのホスト名またはIPアドレス]を実行し、licenseserverUPというメッセージが返ることを確認します。エラーになる場合は、ライセンスサーバーが起動されていませんので、所定の手順に従ってライセンスサーバーを起動して下さい。

2. ライセンスサーバーのlmhostidがライセンスファイル内のSERVER行と一致しているか確認して下さい。
一致していない場合は、ライセンスサーバーがライセンスを提供できる情報になっていません。一致していないという旨の情報は、ログにも出力されます。この場合は、正しい"lmutillmhostid"の実行結果をそえて、再度ライセンスを申請して下さい。

3. ライセンスファイルが使用中の製品のライセンスを提供しているか確認して下さい。
ライセンスサービスが出力するログファイルの内容を確認します。QACなら、QAC,QAC-gui,QAC-mbrw,QAC-psren,QAC-psren-psr,QAC-psrというライセンスFEATUREエントリが表示されます。QAC++なら、QACPP,QACPP-gui,QACPP-mbrw,QACPP-psren,QACPP-psren-psr,QACPP-psrというライセンスFEATUREエントリが表示されます。
使用中の製品と異なる(例えばQACに対してQACPPが表示される)場合は、ライセンスファイルに問題がありますので、お手数ですが、再度ライセンスを申請して下さい。

4. ライセンスサーバーとのネットワーク接続は確立しているか確認して下さい。
>ping[サーバーのホスト名またはサーバーのIPアドレス]を実行し、サーバーから応答が返ることを確認します。応答が無い場合は、社内のネットワーク管理者にご相談下さい。

5. ライセンスサーバーの指定方法が正しいことを確認して下さい。
ライセンスサーバーは、アットマーク(@)を付けて指定しなければなりません。@[サーバーのホスト名またはサーバーのIPアドレス]

6. ライセンスサーバーとクライアントの時刻を確認して下さい。
ライセンスサーバーとクライアントマシンの時刻が大幅にずれているとライセンスの取得に失敗します。時刻が大幅にずれているという旨の情報は、ログにも出力されますので、正しく時刻を設定して下さい。

7. ライセンスファイルが正しく読み込まれているか確認して下さい。
ライセンスサービスが出力するログファイルの内容を確認し、Invalidlicensekeyなどのエラーメッセージが出力されていないか確認します。エラーが出力されている場合は、ライセンスファイルに問題がありますので、お手数ですが、再度ライセンスを申請して下さい。

8. その他の場合
使用状況の説明とログファイルを添えて、東陽テクニカQAC/QAC++サポー(ss_support@toyo.co.jp)までご連絡下さい。

<< FLEXlmに関するFAQ一覧へ戻る