テクニカルノート884


データの破損を招く不適切なRAIDコントローラ


概要

PERFORCEバックアップでは、RAIDミラーに依存しないでください。不完全なRAIDコントローラは破損したデータを作り出し、役に立たない冗長なデータをミラー上にレンダリングすることがあります。


詳細

PERFORCEファイル(チェックポイント、バージョン化ファイル、現在のジャーナルおよびローテートされたジャーナル)は常に、PERFORCEデータベースとは別のハードドライブに置く必要があります。こうして分離することにより、主要記憶装置が破壊されるか、または障害が起きた場合に、バックアップ・ファイルが失われることが避けられます。

RAIDシステムのユーザは、「ミラーリングされた」ドライブ(RAID1ドライブやRAID10ドライブなど)を使用すれば、別のドライブまたはバックアップは不要であると思っているかもしれません。それは間違った考えです。RAIDは冗長なデータを作り出しますが、RAIDには、データの妥当性を判断する方法がありません。不完全なファイルシステム情報でさえ、元から書かれていたかのようにコピーされます。

ある顧客サイトでは、すべてのPERFORCE関連のデータがRAID10ファイルシステムに格納されていましたが、RAIDコントローラに障害が発生したとき、プライマリ・イメージのすべてのファイルが破壊されました。システムは破損したすべてのファイルをミラーにコピーしてしまいました。その顧客には破損したファイルだけが残り、回復も不可能でした。

PERFORCEのバックアップファイル(チェックポイント、バージョン化ファイル、現在のジャーナルおよびローテートされたジャーナル)は、PERFORCEデータベース(db.*)ファイルとは別のハードドライブに格納することが強く推奨されます。そうすることにより、ハードウェアの障害が発生したときに、PERFORCEサーバを完全に回復できる可能性が最も高くなります。


 
戻る