日本語版「Helix Core 2019.1」- 新機能と機能改善  

 

Pick Up!

フェイルオーバー機能

高可用性(HA)/災害復旧(DR)の用途に合わせて、より信頼性の高い環境で開発を行えます。

Helix Coreは、レプリケーション構成のフェイルオーバー構成をとります。 この構成は、物理的な制約がないため、遠隔地へのフェイルオーバーも可能になります。
 


 
 
Edge-Chain機能

Edge-Chain機能とは、コミット-エッジ構成において、遠方のエッジサーバが地理的に 遠いコミットサーバから連携データを取得するのではなく、近くの別のエッジサーバから 連携データを取得する機能です。 データ連携のスピードが向上するだけでなく、コミットサーバの負荷を軽減することができます。

この機能によって、各ロケーションでの分散開発環境の開発効率化が図れます。
 


 
 
ストリーム仕様のローカル編集機能

ストリーム仕様をチェックアウトして、ストリームに対する全ての変更内容をチェンジリストに 保存できるようになります。変更をサブミットした場合に限り、パブリックな変更内容となります。

ストリーム構成に対する変更を他のユーザから分離することができるため、誤った編集による 開発環境への影響を回避することができます。
 


 
 
バージョン化ファイルのバックグラウンド転送

コミット-エッジ構成において、エッジサーバからコミットサーバへのバージョン化ファイル転送をバックグラウンドで行えるようになりました。

これにより、サブミットコマンドがバージョン化ファイルの転送完了を待つことなく終了する ようになり、ユーザの待ち時間が短縮されます。


 
 
ファイル削除とファイル検証の高速化

新しく追加された“db.storage”の効果により、p4 obliterateコマンドによるファイル削除、 ならびにp4 verifyコマンドによるデータベースとバージョン化ファイルの検証が 高速化されました。

     
お問い合わせ先


ご不明な点がございましたら、どうぞご遠慮なく弊社テクニカルサポートまでお問い合わせください。

株式会社東陽テクニカ
 ソフトウェア・ソリューション
 Perforce テクニカルサポート係
  E-mail: ss_support@toyo.co.jp
  TEL  : 03-3245-1248(直通)