自動車計測ポータル-最新計測技術の情報発信サイト
お問い合わせ
製品・ソリューション
 
先進技術領域への「はかる技術」ソリューション
先進技術領域への「はかる技術」ソリューション
HOME  >  先進技術領域への「はかる技術」ソリューション
先進技術領域への「はかる技術」ソリューション
1990年代以降、電子制御技術によって自動車の性能と機能が急速に進化しました。それを皮切りに多様な先端技術が搭載され、今ではIT・サービス産業などの企業も交え、多角的に自動車の未来が語られるようになりました。
東陽テクニカは長年にわたり、「安全性」や「操縦性」といった自動車の重要な機能を“はかる”技術で支えてきました。今後は、さらに拡大されるであろう先端技術においても、東陽テクニカの持つ、あらゆる産業・研究分野の技術を融合した最先端の自動車計測ソリューションを提供することで、自動車産業の未来を支援します。
 
電動化技術

自動車の電動化が急激に進んでいます。内燃機関(ガソリン/ディーゼルエンジン)の替わりに動力となる、電動パワートレインの研究開発課題は、バッテリーの高出力・高信頼性化、インバータ制御モータの大容量化かつ小型・高効率化、EV充電機構の標準化・相互接続性の向上など、さまざまです。

 
自動運転・先進運転支援システム

自動運転に関する研究開発が、業界の垣根を越えて盛んに行われています。LiDARやミリ波レーダーなどセンサ類による車両周囲の監視、カメラを用いた周囲情報の取得、GPS信号による位置制御、車車間通信、路車間通信など、車両の自動制御にはさまざまな技術が利用されます。また、安全性確保のために、車両そのものだけではなくドライバーの状態を検知することも重要です。自動運転機能が解除されたときに、ドライバーが正常に運転できる状態であるよう監視・警告を行う必要があります。

 
コネクテッドカー技術とセキュリティ

情報通信技術(ICT)の活用により「通信するクルマ」であるコネクテッドカーが登場しました。コネクテッドカーはこれからの自動車の基盤となる技術として、自動運転を始めとした先端技術分野での発展が見込まれています。一方、通信でつながることによりサイバー攻撃の脅威が増し、車両にも堅牢なサイバーセキュリティ対策が求められています。
東陽テクニカではICT分野で培った手法を自動車分野に応用し、通信の相互接続性を検証する装置やサイバーセキュリティ対策の要件を検証する装置など、さまざまなソリューションを提供しています。

 
燃費・エンジン性能向上

エンジンやハイブリッド機構の発展により燃費は年々向上していますが、モーターのみで走行するEV(電気自動車)の燃費を評価するにはエンジンとは異なる手法が必要なため、新しい評価技術が検討されています。また、燃費試験の国際基準であるWLTP(WLTC)に準拠する場合、従来のローラー式シャシダイナモでは実施できない項目もあります。
当社ではローラー式ではスリップしてしまうような高トルク試験や、ステアリングが切れることを利用したRDEと呼ばれる実燃費試験などに対応する「ハブ結合式シャシダイナモ」を提供しています。

 
PageTop
本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。