自動車計測ポータル-最新計測技術の情報発信サイト
お問い合わせ
News Release

自動運転/ADAS用データロガー「ViCANdo」を販売開始
スウェーデンZuragon社と国内総代理店契約を締結

株式会社東陽テクニカ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五味 勝)はZuragon社(本社:スウェーデン、イェーテボリ)と国内総代理店契約を締結し、2020年3月30日より自動運転/ADAS用データロガー「ViCANdo(ビーキャンドゥー)」の販売を開始いたします。

製品機能イメージ

背景・製品概要

自動運転車やADAS(先進運転支援システム)搭載車には、カメラ、レーダー、LiDAR、GPSなどの様々なセンサーが搭載されています。本製品はこれらの各種センサーをはじめ、CANインターフェースなどの信号を取り込んで記録するデータロガーで、記録したデータをそれぞれ時間の同期がとれた状態で正確に再生・表示することができます。
しかしビデオや各種センサーで計測したデータ量は膨大で、データ解析には非常に手間がかかり、自動運転/ADAS搭載車両開発におけるボトルネックになっています。「ViCANdo」はデータの再生・分析機能に加えて天候や走行パターンなど、収録したデータを走行シーン毎に自動的に分類する機能を搭載しています。さらに収録したデータの中から試験に必要なデータだけを抽出するクラスタリング機能により、例えば車両の車線変更前後など特定の動作のデータだけを自動で抽出することもできるため、解析における工数の大幅な削減と効率化につながります。大量のデータの正確な同期と自動抽出により、自動運転/ADAS車両の開発に貢献します。
また、「ViCANdo」はVelodyne LiDAR社、RoboSense社、Ibeo Automotive Systems 社など複数のLiDARベンダーからのポイントクラウド(点群)データの可視化にも対応しており、 SDK(ソフトウェア開発キット)でLiDAR用の独自のGUIを開発することも可能です。マルチプラットフォームで動作するように設計されており、Windows、Android、Linuxなどの各種OSに標準で対応しています。
KvaserやVectorといった車両開発において広く利用されているテストツールもサポートしており、CANデータベースのフォーマットとは別にKvaserおよびVectorがサポートしている形式でデータをインポート/エクスポートすることも可能です。

東陽テクニカは、Zuragon社製品の提供を通じて、より安全で安心な自動運転/ADAS車両開発の加速と進歩に寄与し、これからも日本の自動車産業に貢献してまいります。

Zuragon社について

Zuragon社は、自動運転やADAS(先進運転支援システム)の開発試験システムにおける業界の取り組みに革新を起こすべく設立されました。優れたマルチOS設計、ADAS知識やオープンソースのコンピュータービジョン技術を活用し、それらを確立された標準技術と組み合わせることで、ADAS開発をコンセプトづくりからコード生成まで支える高品質な製品を提供します。

Zuragon社Webサイト:https://www.zuragon.com/

★ 本件に関するお問い合わせ先 ★

株式会社東陽テクニカ 機械制御計測部
TEL:03-3245-1242 (直通)
E-mail:ad-sales@toyo.co.jp
Zuragon社製品サイト:https://www.toyo.co.jp/mecha/products/detail/vicando.html

※本ニュースリリースに記載されている内容は、発表日現在の情報です。製品情報、サービス内容、お問い合わせ先など、予告なく変更する可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
※記載されている会社名および製品名などは、各社の商標または登録商標です。

本記事に掲載の計測試験にご興味がございましたらお気軽にお問い合わせください
 
PageTop
本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。