自動車計測ポータル-最新計測技術の情報発信サイト
お問い合わせ
News Release

「第12回 オートモーティブワールド」に出展
“自動運転EXPO”と“EV・HEV駆動システム技術展”の二つの展示会で最新ソリューションを紹介

株式会社東陽テクニカ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五味 勝)は、2020年1月15日からの三日間、東京ビッグサイトで開催される「第12回 オートモーティブワールド -クルマの先端技術展-」内の二つの展示会に出展いたします。
展示ブースでは、先進運転支援システム(ADAS)の世界最大級のイベントである「AutoSens」において、優れた製品・ソリューションに与えられる「AutoSens Award※1」を受賞、もしくはファイナリストにノミネートされた製品をはじめ、電気自動車開発のための計測器など、最新のソリューションをご紹介いたします。

※1 「AutoSens」に参加している車載イメージングや車両認知技術に携わる企業、製品、人物について、フォード・モーター社やゼネラル・モーターズ社、NVIDIAといった世界中のOEM、Tier1、Tier2ならびに学界等から選出されたメンバーが審査を行い、受賞対象を決め表彰するアワード

“自動運転EXPO”ブースイメージ

“EV・HEV駆動システム技術展”ブースイメージ

イベント概要

  • 開催展名:第12回 オートモーティブワールド -クルマの先端技術展-
  • 会期:2020年1月15日(水)~17日(金)  10:00~18:00(最終日のみ17時まで)
  • 東京ビッグサイト (西・南/青海 展示棟)
  • イベント公式サイト:https://www.automotiveworld.jp/ja-jp.html

ブース情報・主な出展製品

展示会名「第3回 自動運転EXPO」 ブース番号:S27(南展示棟)

主な出展製品:

  • https://www.toyo.co.jp/emc/products/detail/ASGARDターゲットシミュレータ「ASGARD1」
    “検証・シミュレーションツール”部門で『AutoSens Award』受賞
    ミリ波レーダーセンサ搭載車両のADAS機能検証のために、相対速度や距離について、高効率のシミュレーションが可能なシステム。
  • V2Xシミュレータ「AR-V2X」
    “検証・シミュレーションツール”部門で『AutoSens Award』シルバー受賞
    AR(拡張現実)とコネクテッドカーテストにフォーカスした世界初※2のソリューション。
    ※2 2019年11月現在。東陽テクニカ調べ
  • 自動運転車用シミュレーションソフトウェア「AAI ReplicaR」
    “検証・シミュレーションツール”部門で『AutoSens Award』シルバー受賞
    “Create a replica of the world”をコンセプトにリアルな表現を実現した、多機能自動運転シミュレーションソフト。
  • Solid-State LiDAR「XenoLidar」
    “自動運転プラットフォーム”部門で『AutoSens Award』ファイナリストに選出
    小型で壊れにくく設置場所の自由度が高い、高精度LiDARソリューション。
  • ハブ結合式シャシダイナモメータ「ROTOTEST Energy」
    台車型の構造をしたハブ直結式のダイナモメータ。
  • GPS方式無人運転ロボットシステム
    ロボットを使用し、再現性高く、かつ安全に無人走行試験が可能なRTK-GPS制御の自動運転システム。
  • 非接触式視線計測システム「Smart Eye Pro DX」
    小型高解像度カメラの映像から、被験者の頭部運動や視線を計測するシステム。
  • ドライビングシミュレータ用実写映像再生ソフトウェア「Real Video Drive Player」
    ドライビングシミュレータに、実写映像内をバーチャルにドライビングできる機能を付加するソフトウェア。
  • ワイヤーハーネステスタ「MMVNA」
    “出荷検査をより簡単に安価に”がコンセプトの、ワイヤーハーネスの高周波特性を計測するテスタ。
  • 車載LAN試験ソリューション「Automotive C50/C1」
    パワフルかつ高精度のタイムスタンプを持つ、リアルタイム測定が可能な車載イーサネット用パフォーマンステスタ。

展示会名「第11回 EV・HEV駆動システム技術展(EV JAPAN)」
ブース番号:A3-15(青海展示棟)

主な出展製品:

  • 電力回生式・双方向DC電源「PSB10000シリーズ」
    コンパクトな筐体で高出力が可能な電力回生式双方向DC電源。
  • BMS評価用「BCS Compact」
    モジュール/パック電池の各セルを模擬し、高精度でバッテリーマネジメントシステム(BMS)を評価可能な装置。
  • EV充電アナライザ/シミュレータ
    EV充電中の通信/制御と、充電回路の両方を時間同期して測定/解析を行い、充電中に発生するさまざまな問題を可視化するシステム。
  • 充放電試験システム「T17020」
    省エネ/省スペースが特長の、二次電池モジュール/パックの高精度充放電試験システム。

★ 本件に関するお問い合わせ先 ★

株式会社東陽テクニカ マーケティング部
TEL:03-3245-1067(直通)
E-mail:marketing@toyo.co.jp
出展情報ページ:
第3回 自動運転EXPO
第11回 EV・HEV駆動システム技術展(EV JAPAN)

※本ニュースリリースに記載されている内容は、発表日現在の情報です。製品情報、サービス内容、お問い合わせ先など、予告なく変更する可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
※記載されている会社名および製品名などは、各社の商標または登録商標です。

 
hitokuru-nagoya_bottom_bnr.png
PageTop
本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。