自動車計測ポータル-最新計測技術の情報発信サイト
お問い合わせ
インタビュー
 株式会社デンソー 技監 村山 浩之 氏

車載ソフトウェア開発を改革するトップに聞く!
クルマ×ITの品質を高めるために、今そして未来に必要なこと(1)

*東陽テクニカルマガジン【第19号】2016.1より掲載

株式会社デンソー 技監 村山 浩之 氏

1 台の車には約1 億行のソースコードが搭載されている

小野寺 充(以下、小野寺):本日は、長年、組み込みソフトウェアの開発に携わってこられたご経験を含め、お話をお聞かせいただければと思います。最初に、村山様のご経歴を教えていただけますでしょうか。

村山:1980年にデンソーへ入社して以来、最初の15年間は、さまざまな製品のソフトウェア開発を担当しました。その後の約20 年間は、製品開発を離れ、二つの「ぜんしゃ」、すなわち「全社」ならび「全車」共通で利用するソフトウェア開発のための電子プラットフォームの構築に取り組んできました。

小野寺:電子プラットフォームの構築とは?

村山:高機能で大規模なソフトウェアを短期間かつ効率的に開発するためには、プログラミング技術や開発プロセス、プロジェクト管理の手法などを体系化する工学的な取り組み、すなわちソフトウェア開発のための電子プラットフォームが必要となります。現在、1台の車には1億行に及ぶソースコードのソフトウェアが搭載されているとも言われており*、しかも数多くのパーツに細分化されているソフトウェアを、個人の技量に依存する形で開発することは大きなリスクとなります。

小野寺:さらに、環境対応や安全対策、セキュリティ、自動運転など、車載ソフトウェアを取り巻く環境はますます厳しくなっているように見受けられますが。

村山:さまざまな規格や基準に対応しなければならない部分もありますが、欧米の規格よりも国内自動車メーカーの社内基準のほうが優れていると評価されることもあるので、簡単なことではないですが、これまで実施してきたこととは変わりはないと思います。

小野寺:ソフトウェア開発という視点で見たとき、一般的な情報システムと車載ソフトウェアでは、どのような違いがあるのでしょうか。

村山:一般的な情報システムをスクラッチで開発する場合、ラインアップが複数になるケースは希だと思います。
一方、車載製品の場合は、機能が同じソフトウェアであっても、複数の車種、さらには複数のメーカーに展開されていくので、車種やメーカーごとにバリエーションやバージョンが増えていくという特徴があります。そのため、展開する際の「差分」をいかに少なくするかは、ソースコードを開発する段階から重要なポイントになります。
また、組み込みソフトウェア開発の場合、パーツ単位で個別最適を図ればミッションは達成されてしまうこともあります。そのため、製品としての全体最適や同期・整合性などは視野に入れながらも、個々のソフトウェア開発やソースコードのプログラミングといったレベルで、共通の仕組みを意識することは少なく、積極的に横のつながりを持つという思想もなかったですね。

小野寺:そのような状況下で、どのように電子プラットフォームという考え方を開発現場に浸透させていかれたのでしょうか。

村山:最初はプロジェクト単位からスタートし、成果を上げることで評価を得て、少しずつ適用範囲を広げていきました。
開発の現場では、ソフトウェア・コンポーネントを作る側と、出来上がったコンポーネントを使ってソフトウェアを組み上げる設計側と役割分担を明確にしました。
前者はプログラミングを行い、後者はあくまで部品としてパーツを組み上げる作業に専念させました。さらに設計側には、市場環境や技術動向などを踏まえ、ソフトウェアのライフサイクル全体を見据えた開発にも取り組ませるようにしました。

*東陽テクニカルマガジン【第19号】2016.1より掲載

本記事に掲載の計測試験にご興味がございましたらお気軽にお問い合わせください
 
hitokuru-nagoya_bottom_bnr.png
PageTop
本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。