自動車計測ポータル-最新計測技術の情報発信サイト
お問い合わせ

コラム一覧

世界初︕ 既存の EMC 試験用大型電波暗室を 3D MIMO 試験対応に変える「自動車向け総合電磁環境測定ソリューション」を販売

無線機器搭載のアンテナ測定の分野において、アンテナ計測ソリューションを 40 年以上にわたり提供し多数の実績を持つ東陽テクニカは、今回、特許取得で 3GPP により認可された、GTS 社独自の RTS 法による MIMO OTA 試験装置およびソリューションの取り扱いを開始することで、自動車や車載部品メーカー向けアンテナ計測事業の強化を図り、自動運転に向けた開発に貢献してまいります。

安全なEV時代を迎えるために~バッテリ評価の観点から~

EV(電気自動車)の駆動を支えているのはバッテリとモーターです。EV用車載バッテリを安全にかつ効率的に評価するためにどんな試験を行う必要があるのでしょうか?

先進運転システム(ADAS)搭載自動車および自動運転車の安全性とセキュリティ

自動車は今後、ADAS(先進運転支援システム)への依存を強め、徐々に自律走行機能を向上させながら、最終的には完全なる自動運転車へと移行していくでしょう。そうした未来の自動車用に、安全性とセキュリティを兼ね備えたシステムを開発することはできるのでしょうか。ISO 26262(自動車向け機能安全規格)とそれに対応するMISRAコーディングガイドラインの概要を説明し、ソフトウェア開発上の問題について考察します。

自動車業界におけるC++コーディングガイドラインの動向

ADAS(先進運転支援システム)の高度がが進むにつれ複雑化する車載ソフトウェア。開発に必須のAUTOSAR C++コーディングガイドラインの概要について解説します。

自動運転システムの最重要センサー、LiDARシステム。 パイオニアに聞く、最新LiDARシステムの実力と可能性。

自動運転のキーテクノロジーとして注目されているLiDARシステム。 ベルギーのLiDAR開発ベンチャーXenomatiX社のCEO Filip Geuens氏へのインタビューです。

元HONDA F1総監督、木内健雄の新たな挑戦。 日本の自動車開発に、新たな活力を与えたい。

元HONDA F1総監督、東陽テクニカの木内健雄が、「ナレッジマネジメントコンファレンス2018」(2018年7月31日開催)で特別講演を行いました。

展示会レポート:人とくるまのテクノロジー展2018 名古屋

「人とくるまのテクノロジー展2018 名古屋」の出展報告。自動車開発の先端技術領域「自動運転&コネクテッドカー」「電動化」と、恒久的重点課題「安心・安全」「快適性」がテーマです。

情報通信技術と自動車の融合

自動車とV2X(車車間通信)のような情報通信技術の融合が進み人間とクルマの関わり合い方が大きく変わりつつあります。自動運転車で実現されるスマートモビリティ社会の入り口です。

EV(電気自動車)特有の音を「はかる」(1)

EV(電気自動車)では、エンジン音がなくなったことで目立つ、EVならではの音があります。そんな音を「はかる」ことで、快適性をさらに高める騒音対策を立てることができます。

自動運転時代の自動車のロバスト設計を支えるEMC試験環境

5G(第5世代移動通信システム)の普及によって自動車を取り巻く電磁(EMC)環境もより複雑に。複雑な電磁障害環境を効率的に再現できる「リバブレーションチャンバー」の仕組みと構造を解説します。

 
 
 
PageTop
本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。