自動車計測ポータル-最新計測技術の情報発信サイト
お問い合わせ

コラム: 自動車ドア

「第5回ドアサミット」開催!

自動車のドアに特化したカンファレンス「ドアサミット」の第5回が東陽テクニカ本社で開催されました。主要自動車メーカーのドアが並ぶ中、各社のドアエンジニアが情報交換を行いました。ダイハツ工業の三好氏、東陽テクニカが販売している「EZ Slam2」のメーカーEZ Metrology社のCicero氏のインタビューを通して、自動車ドアに関する課題と今後の展望を探ります。

自動車ドアの最新技術を聞く ~軽量化とドア閉まりについて~ 1/2

自動車ドアの開発設計について、スズキ株式会社の西村浩司氏にお話を伺いました。安全性の重要性はもちろんのこと、閉まりやすさと気密性を両立させるドアを実現するための新しい技術の開発、車体を軽量化するためのより軽くて丈夫なドアの開発など、技術者の努力と工夫について語ってくださいます。

自動車ドアの最新技術を聞く ~軽量化とドア閉まりについて~ 2/2

自動車ドアの開発設計について、スズキ株式会社の西村浩司氏にお話を伺いました。2016年から始まった「ドアサミット」という、各社のドア開発設計者が集うイベントについて説明します。このイベントは西村氏が企画し、東陽テクニカが協力して実現しました。年に一回、「日本のドアを良くしていこう」というテーマのもと、開催を続けていく機運が高まっています。

~ドイツKubrich社と国内総代理店契約締結~ サイドドア・ボンネット・テールゲート向け 「自動車ドア開閉耐久試験システム」の販売開始

株式会社東陽テクニカは、ドイツKubrich Ingenieurgesellschaft mbH & Co. KG と国内総代理店契約を締結、デファクトスタンダードである自動車ドア開閉耐久試験システムを2018年2月15日より販売いたします。

挟まれ反転荷重(ピンチフォース)計測システム 販売開始 ~ 自動車/鉄道/エレベータ/自動ドア・ゲート向け ~

株式会社東陽テクニカは、自動車向けドア計測分野に注力し、昨年より「ドア閉まり性評価システム」(米国 EZ Metrology社製)ならびに「ドアシール面間計測システム」(日本 ニコン社製)の取り扱いを始めました。

 
 
 
hitokuru-nagoya_bottom_bnr.png
PageTop
本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。