自動車計測ポータル-最新計測技術の情報発信サイト
お問い合わせ

コラム: V2X

車両EMC暗室に後付け設置可能な車載無線の通信品質評価のための「自動車CATR(コンパクトレンジ)ソリューション」を販売開始

株式会社東陽テクニカ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五味 勝)はRanLOS AB(本社:スウェーデン、ヨーテボリ、以下RanLOS社)と国内および中国・米国での代理店契約を締結し、2020年6月1日より、自動車に搭載された無線通信機器の品質を評価するための試験ソリューション「自動車CATR※1ソリューション」の販売を開始いたします。

シングルペア イーサネット ~ワイヤーワールドのデータおよび電力~

自動運転技術の進歩とともに、CANやLINなどの従来の通信バスよりも高速に
データ転送できる「車載向けシングルペアイーサネット」が急速に進化しています。
IEEE802.3イーサネットワーキンググループとTIA-TR42エンジニアリング委員会で
策定が行われているシングルペアイーサネット規格、および規格案の概要をまとめた
ホワイトペーパーの日本語訳です。

情報通信技術と自動車の融合

自動車とV2X(車車間通信)のような情報通信技術の融合が進み人間とクルマの関わり合い方が大きく変わりつつあります。自動運転車で実現されるスマートモビリティ社会の入り口です。

自動車業界は V2X システムをどのように試験すべきなのか?

自動車業界は V2X システムをどのように試験すべきなのか?
車両の試験・QAの根本的転換がコネクテッドカーに必要なわけ

 
 
 
PageTop
本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。