自動車計測ポータル-最新計測技術の情報発信サイト
お問い合わせ

コラム: 電気自動車

東陽テクニカ「自動車計測ポータル」サイト、リニューアル公開

東陽テクニカ「自動車計測ポータル」サイト、リニューアル公開~ エンジニアのための“最新自動車計測の情報発信サイト” ~
株式会社東陽テクニカ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五味 勝)は、最新の自動車計測技術情報を発信する「自動車計測ポータル」サイトを2018年4月23日(月)にリニューアル公開いたしました。

蓄電デバイスとしてのLIB(Lithium Ion Battery)と日本の現状(2)

車の自動運転化が進めば電気自動車化も進み、蓄電池はますます重要性が増すでしょう。早稲田大学 逢坂哲彌先生は、蓄電池の技術の研究開発体制をスタートアップしています。

新たに東陽テクニカに加わった自動車メーカー出身のエンジニアに聞く(2)

株式会社本田技術研究所でエンジン開発や、アイルトン・セナ、アラン・プロストらの担当エンジニアとして活躍した木内健雄氏が、東陽テクニカ技術研究所所長に就任。自動車開発における計測技術の重要性、今後のモビリティ社会および燃料電池車や自動運転車などの開発の方向性、また、自身がチャレンジしていこうと思っていることについて語ります。

新たに東陽テクニカに加わった自動車メーカー出身のエンジニアに聞く(1)

株式会社本田技術研究所でエンジン開発や、アイルトン・セナ、アラン・プロストらの担当エンジニアとして活躍した木内健雄氏が、東陽テクニカ技術研究所所長に就任。本田技研工業株式会社に入社したときのエピソードから、F1時代に取り組んだ経験までを語ります。エンジニア時代から、モノを進歩させる秘訣は加工技術と計測技術によるサポートだと認識していたようです。

~FFT対応でCISPR25適合試験などのEMI測定時間を大幅に短縮~ 日本初! FFT対応EMIレシーバ一体型アクティブロッドアンテナ「FR4003」を発売

株式会社東陽テクニカは、Narda Safety Test Solutions S.r.l. の“PMM”ブランドから、2018年2月2日にFFT対応EMIレシーバ一体型アクティブロッドアンテナ「FR4003」を販売いたします。

ハブ結合式シャシダイナモメータシステム「ROTOTEST® Energy™」の中国販売代理店権を取得、中国と台湾で販売

株式会社東陽テクニカは、Rototest Europe AB の日本における代理店として、「ROTOTEST ® Energy™」を販売してまいりましたが、この度、新たに中国市場における販売代理店権も取得いたしました。

第10回 オートモーティブワールドに出展 ~自動運転、EV・HEV、コネクテッドカーの開発を支える 最先端計測技術を3分野で紹介~

株式会社東陽テクニカは、「第10回 オートモーティブワールド」の2つの構成展に3つのブースを出展し、自動運転、EV・HEV、コネクテッドカーの開発を支える自動車計測技術を紹介いたします。

PCB Piezotronics社製 接地絶縁型高温対応超小型ICP®3軸加速度計 「HTJ356B01」 販売開始

株式会社東陽テクニカは、加速度計などを製造・販売するPCB Piezotronics, Inc. の接地絶縁型高温対応超小型ICP®3軸加速度計「HTJ356B01」の販売を12月8日より開始いたします。

日本初!電気・ハイブリッド自動車部品のEMC試験に対応した CISPR25適合 可搬型電気モーター負荷ユニット「BlueBox」 と モーターテストソリューションの販売を開始

株式会社東陽テクニカは、Frankonia Germany EMC Solutions GmbHが製造する、EMC試験のための可搬型電気モーター負荷ユニット「BlueBox」を10月23日より販売いたします。

中国EV急速充電規格“GB/T 27930”対応 充電アナライザ/シミュレータを販売開始

株式会社東陽テクニカは、comemso GmbH製の、中国EV急速充電規格“GB/T 27930”対応「GB/T DCアナライザ/シミュレータ」を1月24日より販売いたします。

20件中 11-20件目
 
 
 
hitokuru-nagoya_bottom_bnr.png
PageTop
本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。