自動車計測ポータル-最新計測技術の情報発信サイト
お問い合わせ

コラム: 車載ソフトウェア

先進運転システム(ADAS)搭載自動車および自動運転車の安全性とセキュリティ

自動車は今後、ADAS(先進運転支援システム)への依存を強め、徐々に自律走行機能を向上させながら、最終的には完全なる自動運転車へと移行していくでしょう。そうした未来の自動車用に、安全性とセキュリティを兼ね備えたシステムを開発することはできるのでしょうか。ISO 26262(自動車向け機能安全規格)とそれに対応するMISRAコーディングガイドラインの概要を説明し、ソフトウェア開発上の問題について考察します。

自動車業界におけるC++コーディングガイドラインの動向

ADAS(先進運転支援システム)の高度がが進むにつれ、車載ソフトウェアも複雑化し、C++言語の活用が必要になります。車載ソフトウェア開発に必須のスタンダード、AUTOSAR C++コーディングガイドラインの概要について解説します。

AUTOSAR コーディングガイドライン導入のすすめ

PAPERAUTOSAR コーディングガイドライン導入のすすめ

自動車業界においてのソフトウェア開発の重要性は、年々高まっている。安全性・環境性・利便性に対する要件は厳しさを増し、その結果として、自動車に使用される電子機器の数は急激に増加している。

車載ソフトウェア開発を改革するトップに聞く! クルマ×ITの品質を高めるために、 今そして未来に必要なこと 1/2

自動運転やセキュリティ、安全対策などへの対応が求められ、取り巻く環境がますます厳しくなる車載ソフトウェア。デンソー様の開発現場での取り組みについてお話いただきました。1台の車に1億行ものソースコードのソフトウェアが搭載されているとも言われる現在、高機能で大規模なソフトウェアを短期間かつ効率的に開発するためには、開発のための電子プラットフォームが必要となります。

車載ソフトウェア開発を改革するトップに聞く! クルマ×ITの品質を高めるために、 今そして未来に必要なこと 2/2

自動運転やセキュリティ、安全対策などへの対応が求められ、取り巻く環境がますます厳しくなる車載ソフトウェア。デンソー様の開発現場での取り組みについてお話いただきました。ソースコード静的解析ツールには、「可視化」と「自動化」という二つの役割があります。「可視化」によって客観的な指標で示すことができ、プロセスを「自動化」すれば、作業の効率化と精緻化を図ることができますが、ツールに頼りすぎずエンジニアが最低限プログラミングの技術を身につけることも大事です。

AUTOSAR C++コーディングガイドラインの適合度を評価する 世界初のソースコード静的解析ツール 「AUTOSAR C++コンプライアンスモジュール」 販売

株式会社東陽テクニカは、Programming Research Ltd. が新たに開発した、ソースコード静的解析ツール「AUTOSAR C++コンプライアンスモジュール」の販売を1月5日より開始いたしました。

 
 
 
人気の記事
 
 
PageTop
本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。