自動車計測ポータル-最新計測技術の情報発信サイト
お問い合わせ

コラム: 快適性

ホイール6分力計の原理とその応用(2)~東陽テクニカの提供するソリューション~

6分力計を使ってタイヤ力を測ることは、ノイズ源の特定やノイズの伝達経路の特定にも応用できます。また、今後は開発コストの削減のためにCAEの活用が大きな意味を持ちます。東陽テクニカは、そうした応用計測ソリューションを提供しています。

ホイール6分力計の原理とその応用(1)

自動車の中で地面と接している唯一の部品であるタイヤ。そのタイヤから入力される力を「はかる」ことは自動車開発にとって非常に重要です。タイヤ力をはかるホイール6分力計の原理とその応用について紹介します。特許技術の資料も提供します。

展示会レポート:「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」<後編>

自動運転・ADAS、コネクテッドカー、電動化、安心・安全、快適性をテーマに数多くの製品を展示した「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」の取材レポートの後編。

展示会レポート:「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」<前編>

自動運転・ADAS、コネクテッドカー、電動化、安心・安全、快適性をテーマに数多くの製品を展示した「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」の取材レポートの前編。

EV(電気自動車)特有の音を「はかる」 (2)

EV(電気自動車)では、ICE(内燃機関エンジン)による“音のマスキング効果”がないため、特有の高周波音が表面化。その音の測定には、自己ノイズレベルの小さい精密なマイクロホンが必要です。

EV(電気自動車)特有の音を「はかる」(1)

EV(電気自動車)では、エンジン音がなくなったことで目立つ、EVならではの音があります。そんな音を「はかる」ことで、快適性をさらに高める騒音対策を立てることができます。

東陽テクニカ「自動車計測ポータル」サイト、リニューアル公開

東陽テクニカ「自動車計測ポータル」サイト、リニューアル公開~ エンジニアのための“最新自動車計測の情報発信サイト” ~
株式会社東陽テクニカ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五味 勝)は、最新の自動車計測技術情報を発信する「自動車計測ポータル」サイトを2018年4月23日(月)にリニューアル公開いたしました。

制御用通信バス 「CAN」を利用した計測技術(2)

コンピュータ間の制御信号の送受信用として、1986年ドイツのBOSCH社によって開発されたCAN(Controller Area Network)。CANバスを利用することで、試験計測に必要なデータを収録することができます。東陽テクニカの取り扱う、ドイツimc Messysteme社のデータロガーを使った計測例とそのメリットについて説明します。

東陽テクニカ「自動車計測ソリューションポータル」サイト開設

株式会社東陽テクニカは、「自動車計測ソリューションポータル」サイトを5月12日(金)に開設いたしました。

 
 
 
PageTop
本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。