li
HOME  > 自動運転
コラム: 自動運転

自動運転 EMC試験 EMI試験 EMS試験

東陽テクニカ製「車載放射イミュニティ試験システム」を 一般財団法人 日本品質保証機構(JQA)に納入︕
「車載放射イミュニティ試験システム」は、車載機器が強電界などの電気的ストレスに曝された際の耐性(電磁感受性)を試験するシステムです。本試験システムの高い性能・豊富な機能・使い勝手の良さに加え、東陽テクニカの数多くの納入実績や、顧客のニーズに的確に応えさらに将来の拡張を見据えたシステム提案と構築ができる優れたコンサルティング力などが高く評価され、採用されました。

自動運転 電動化

ドライビングシミュレータ用実写映像再生ソフトウェア 「Real Video Drive Player」を発売、 専用実写映像撮影・加工サービスを開始
株式会社東陽テクニカの技術研究所は、ビデオ映像の三次元化技術で世界的に高い評価を受ける株式会社 岩根研究所と共同で、実写映像内をバーチャルドライビングできる、ドライビングシミュレータ用実写映像再生ソフトウェア「Real Video Drive Player」を開発いたしました。本ソフトウェアの販売と、専用実写映像撮影・加工サービスを2018年11月15日より、日本ならびに米国で開始いたします。

EMC試験 EMI試験 EMS試験 自動運転

世界初︕ 既存の EMC 試験用大型電波暗室を 3D MIMO 試験対応に変える「自動車向け総合電磁環境測定ソリューション」を販売
無線機器搭載のアンテナ測定の分野において、アンテナ計測ソリューションを 40 年以上にわたり提供し多数の実績を持つ東陽テクニカは、今回、特許取得で 3GPP により認可された、GTS 社独自の RTS 法による MIMO OTA 試験装置およびソリューションの取り扱いを開始することで、自動車や車載部品メーカー向けアンテナ計測事業の強化を図り、自動運転に向けた開発に貢献してまいります。

AUTOSAR C++ 車載ソフトウェア 組み込みソフトウェア 自動運転

先進運転システム(ADAS)搭載自動車および自動運転車の安全性とセキュリティ
自動車は今後、ADAS(先進運転支援システム)への依存を強め、徐々に自律走行機能を向上させながら、最終的には完全なる自動運転車へと移行していくでしょう。そうした未来の自動車用に、安全性とセキュリティを兼ね備えたシステムを開発することはできるのでしょうか。ISO 26262(自動車向け機能安全規格)とそれに対応するMISRAコーディングガイドラインの概要を説明し、ソフトウェア開発上の問題について考察します。

AUTOSAR C++ 車載ソフトウェア 自動運転

自動車業界におけるC++コーディングガイドラインの動向
ADAS(先進運転支援システム)の高度がが進むにつれ、車載ソフトウェアも複雑化し、C++言語の活用が必要になります。車載ソフトウェア開発に必須のスタンダード、AUTOSAR C++コーディングガイドラインの概要について解説します。

自動運転 LiDAR

パイオニアに聞く、最新LiDARシステムの実力と可能性
自動運転の実現に向けて、キーテクノロジーの一つとして注目されているのが、LiDAR(ライダー)システムです。 今回、そのLiDAR開発を手がけるベルギーのLiDAR開発ベンチャー XenomatiX(ゼノマティクス)社のCEO Filip Geuens(フィリップ・ギュエンス)氏へインタビューした模様をご紹介いたします。

自動運転 シャシダイナモ

元HONDA F1総監督、木内健雄の新たな挑戦。
2018年7月31日に開催された「ナレッジマネジメントコンファレンス2018」で東陽テクニカの木内健雄(元本田技術研究所 上席研究員。2017年1月より東陽テクニカ 技術研究所 所長)が特別講演を行いました。テーマは、「世界で勝つ ものづくり人づくり」。世界を相手に最前線で活躍する人材に必要なものとは…。当日の講演の模様の一部をご紹介します。

自動運転 電気自動車

展示会レポート:人とくるまのテクノロジー展2018 名古屋
2018年7月11日から13日の3日間、ポートメッセなごやにおいて“公益社団法人自動車技術会”主催の「人とくるまのテクノロジー展2018 名古屋」が開催され多くの人で賑わいました。テーマ別にさまざまなソリューションを展示した東陽テクニカブースを、「自動車計測ポータル」編集部が取材してきました。

自動運転 V2X コネクテッドカー

情報通信技術と自動車の融合
自動車とV2X(車車間通信)のような情報通信技術の融合が進み、ライドシェアサービスに代表されるように人間とクルマの係わり合い方が大きく変わりつつあります。ですが、これらの変化は自動運転車で実現されるスマートモビリティ社会のほんの入り口でしかありません。私たちは、もう既に歴史的な大変動の目撃者になっているようです。

EMC試験 コネクテッドカー 自動運転

自動運転時代の自動車のロバスト設計を支えるEMC試験環境
自動運転技術の中核を担う5G(次世代無線通信規格)。その5Gの普及によって自動車を取り巻く電磁(EMC試験)環境もより複雑になります。
複雑な電磁障害環境を効率的に再現でき、より高い信頼性・安全性が求められる試験で使われる「リバブレーションチャンバー」の仕組みと構造を、私たちの生活に身近な電子レンジにたとえて、わかりやすく解説します。
26件中 1-10件目
 
 
 
 
 
 
本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。