自動車計測ポータル-最新計測技術の情報発信サイト
お問い合わせ

コラム: 自動運転

東陽テクニカが国内総代理店を務めるXenomatiX社がマレリ社とLiDARソリューションの共同開発契約を締結

株式会社東陽テクニカ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五味 勝)は、2020年1月7日から10日までの4日間、米国ラスベガスで開催された世界最大規模のエレクトロニクスショーである「CES 2020」において、当社が国内総代理店契約を結んでいるXenomatiX N.Vがマレリ株式会社と、1月7日(現地時間)に、自動運転分野での技術・商業開発契約の締結を発表したことをお知らせいたします。

海外技術者のノウハウを紹介!「車載イーサネット試験ソリューションセミナー」レポート

自動運転の実現に向け、自動車のネットワークに大量のデータを流す技術として注目を集めている車載イーサネット。豊富な経験を持つ海外メーカーによるセミナーの概要をご紹介します。

当社の取り扱うHI-TEC社製「NaviControl」が、ライカジオシステムズ様のブログページで使用事例として紹介されました。

ライカジオシステムズ株式会社様の「Leica DISTO & Lino サポートサイト」で、東陽テクニカが取り扱うGPS制御 実車走行試験用ロボット「NaviControl」(HI-TEC社製)を使った計測での使用事例が紹介されました。

「第12回 オートモーティブワールド」に出展

株式会社東陽テクニカ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五味 勝)は、2020年1月15日からの三日間、東京ビッグサイトで開催される「第12回 オートモーティブワールド -クルマの先端技術展-」内の二つの展示会に出展いたします。

メーカーCEOが語る LiDARのニーズ拡大と今後の開発戦略

自動運転開発に必須のLiDARシステム。 ベルギーXenomatiX社のCEO Filip Geuens氏に、新製品の強みと今後の開発戦略について聞きました。

デンソー様主催「第6回 計測展示会」に出展しました

2019年10月29~30日、デンソー様/デンソーエムテック様主催の「第6回 計測展示会」に出展。東陽テクニカはADAS/自動運転開発、耐久試験、音・振動試験など幅広い分野のソリューションを展示しました。

日本における自動運転の現状とこれから~5Gに期待すること~

SIPの自動運転プログラムディレクターを務める葛巻清吾氏に、我が国における自動運転の取り組み状況や、5Gへの期待などについてお話を伺いました。

蓄電デバイスとしての LIB(Lithium Ion Battery)と 日本の現状(1)

早稲田大学 逢坂哲彌先生の特別寄稿。自動車用・家庭用定置電源へ応用されているリチウムイオン電池(LIB)。これからの蓄電池開発に必要な、エネルギー密度の向上と安全性について解説します。

次世代のクルマと自動化のパラドックス

自動運転が高度化すればするほど、その機能を使うドライバーはあてにならなくなる、そんな自動化のパラドックスが起こりえます。視線計測システムメーカーCEOによるブログ記事です。

あ、危ない!そのときクルマはどう反応? ~衝突防止ミリ波レーダーとADAS評価のためのラボ内シミュレーション~

自動運転、ADAS用センサとして注目されるミリ波レーダー評価のため、室内で交通状況を模擬できるターゲットシミュレータ「ASGARD1」。メーカーCEOへのインタビューです。

44件中 1-10件目
 
 
 
hitokuru-nagoya_bottom_bnr.png
PageTop
本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。