自動車計測ポータル-最新計測技術の情報発信サイト
お問い合わせ
ドライビングシミュレータをもっとリアルに
注目のコラム 1
技術コラム

これからの自動車計測はどこへ行く[3/3]

自動運転実現のために今後必要となる計測手法を探る!3回連載の第3回目は、一般道路での車両に「閉じた」計測実験レポートです。一般道路の周回路を実際にドライブしてデータを取りました。車両の運動(運動、速度、加速度)をIMU(慣性計測装置)を使って計測して求める方法を紹介します。

more
ドライビングシミュレータをもっとリアルに
注目のコラム 2
技術コラム

ドライビングシミュレータをもっとリアルに

ドライビングシミュレータ用実写映像再生ソフトウェア「Real Video Drive Player」を共同開発した岩根研究所の持つさまざまなテクノロジーをダイジェストでご紹介します。
自動運転・コネクテッドカー・EV(電気自動車)など最新の自動車計測技術について分かりやすく解説します。最新自動車計測技術の情報発信サイト「自動車計測ポータル」。

more
EV/ADAS/自動運転時代に必要な新試験手法とは?
注目のコラム 3
技術コラム

EV/ADAS/自動運転時代に必要な新試験手法とは?

自動車の安全性と快適性の両立にはEMC(電磁両立性)技術が不可欠です。電気自動車、自動運転の開発が進む中、自動車産業界では新しいEMC試験方法を取り入れる動きがあります。東陽テクニカは、ハブ結合式シャシダイナモメータ「ROTOTEST Energy」のEMC対応など、 常に最適な評価方法を模索して提案を行っています。

more
これからの自動車計測はどこへ行く 1/3
注目のコラム 4
技術コラム

これからの自動車計測はどこへ行く [1/3]

自動運転実現のために今後必要となる計測手法を探る!歩行者、運転者、そして自動車の挙動を測ることによって、車両自体が制御を行うより高度な自動運転、より安全で能率的な輸送システムの実現に役立ちます。計測の専門家集団、東陽テクニカだからこそできる実験に挑戦しました。3回連載の第1回目です。

more
これからの自動車計測はどこへ行く[3/3]
ドライビングシミュレータをもっとリアルに
EV/ADAS/自動運転時代に必要な新試験手法とは?
これからの自動車計測はどこへ行く 1/3

ニュースリリース&お知らせ

 

セミナー・イベント

一覧を見る

コラム:自動運転

自動運転コラム一覧へ

これからの自動車計測はどこへ行く[3/3]

自動運転実現のために今後必要となる計測手法を探る!3回連載の第3回目は、一般道路での車両に「閉じた」計測実験レポートです。一般道路の周回路を実際にドライブしてデータを取りました。車両の運動(運動、速度、加速度)をIMU(慣性計測装置)を使って計測して求める方法を紹介します。

先進運転システム(ADAS)搭載自動車および自動運転車の安全性とセキュリティ

自動車は今後、ADAS(先進運転支援システム)への依存を強め、徐々に自律走行機能を向上させながら、最終的には完全なる自動運転車へと移行していくでしょう。そうした未来の自動車用に、安全性とセキュリティを兼ね備えたシステムを開発することはできるのでしょうか。ISO 26262(自動車向け機能安全規格)とそれに対応するMISRAコーディングガイドラインの概要を説明し、ソフトウェア開発上の問題について考察します。

元HONDA F1総監督、木内健雄の新たな挑戦。 日本の自動車開発に、新たな活力を与えたい。

元HONDA F1総監督、東陽テクニカの木内健雄が、「ナレッジマネジメントコンファレンス2018」(2018年7月31日開催)で特別講演。「世界で勝つ ものづくり人づくり」と題し、世界を相手に最前線で活躍する人材に必要なものとは・・・。ホンダF1時代の苦労話や人材育成について、また東陽テクニカ技術研究所の開発するDMTS® (Driving & Motion Test System)について講演しました。

展示会レポート:人とくるまのテクノロジー展2018 名古屋

「人とくるまのテクノロジー展2018 名古屋」の取材レポート。自動車開発における先端技術領域である「自動運転&コネクテッドカー」「電動化」と、恒久的な重点課題である「安心・安全」「快適性」をテーマに掲げ、さまざまなソリューションを展示した東陽テクニカブースを「自動車計測ポータル」編集部が取材してきました。

コラム:電動化

電動化コラム一覧へ

展示会レポート:第11回 オートモーティブ ワールド

「第11回 オートモーティブ ワールド」の取材レポート。「自動運転EXPO」と「EV・HEV駆動システム技術展」に出展した、自動運転開発に欠かせないLiDAR、コネクテッドカーのための次世代通信C-V2X計測機器、車載バッテリ評価ソリューションなど、たくさんの展示品の中から、最新の自動車計測技術をレポートします。

EV(電気自動車)特有の音を「はかる」 Part 2

EV(電気自動車)は静かで快適、というのは本当でしょうか。実は、ICE(内燃機関エンジン)による“音のマスキング効果”がなくなることで、EV特有の高周波音が表面化します。従来目立たなかった音を測るためには、自己ノイズレベルの小さい精密マイクロホンが必要になるのです。

安全なEV時代を迎えるために~バッテリ評価の観点から~

環境にやさしく、静かで乗り心地が良い ー いいことずくめのようなEV(電気自動車)。そのEVの駆動を支えているのはバッテリとモーターです。安心してEVに乗るためには、バッテリの安全性が確保されなくてはなりません。EV用車載バッテリを安全にかつ効率的に評価するためにどんな試験を行う必要があるのでしょうか?

EV(電気自動車)特有の音を「はかる」

EV(電気自動車)では低騒音化が実現され、快適さは格段に向上すると言えるでしょう。しかし、エンジン音がなくなったことで目立つようになる、EVならではの音もあるのです。そんな音を「はかる」ことで、自動車の快適性をさらに高めるための最適な騒音対策を立てることができます。騒音計測に用いられる、精密マイクロホンを紹介します。

PageTop
本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。