Interview社員インタビュー

開発エンジニア
ワン・テクノロジーズ・カンパニー
(2017年入社)

東陽テクニカに入社を決めた理由

学生時代は情報工学を専攻し、前職はSIerで業務用ソフトウェアの設計・開発を行っていました。前職では一定のスパンで担当する製品が変わることが多く何か1つの分野で腰を据えて開発したいと感じていました。そのため、身に付けたプログラミング言語等の知識が活かせると共に、自社で特定分野に特化したソフトウェアを開発している企業をターゲットに転職活動をしていました。

上記を満たす企業はいくつかありましたが、その中でも東陽テクニカは自身の技術力を大きな強みとしている印象を受けました。私自身も技術志向が強く、エンジニアが全員理系であることや最先端のソリューションを提供して顧客の企業価値を高めるという社風に共感し、入社を決めました。

現在の仕事内容

EMC(電磁環境両立性)に関する計測ソフトウェアを開発しています。その中で、電気機器から発生するノイズを測定するソフトウェアについて、以下のような業務を行っています。

ソフトウェア開発の知識はもちろんのこと、計測で使用する様々な機器など、ハードウェアの知識も求められる仕事です。昨今は電気自動車など電気機器の種類が多様化している影響により、新しい計測方法も日々要求されています。そのためお客様や社内営業部・技術部の方とコミュニケーションを取りながら、最新の計測方法をソフトウェアとハードウェアを組み合わせて実現する必要があります。

仕事のやりがい・おもしろみ

自分が担当したソフトウェアがリリースされた時の達成感はひとしおです。本ソフトウェアは電気製品を販売するために必要となる認証試験などで使用され、EMC規格で要求される計測方法を短時間かつ正確にソフトウェアで行う必要があります。それを実現しお客様からお褒めの言葉をいただいたときは、大きなやりがいを感じます。
また学生時代に電子工作にハマっていたこともあり、元々オシロスコープなどの計測器をよく使っていました。そのため、ソフトウェアだけでなくハードウェアにも触れることができる現在の仕事は、自分に合っていると思います。

あなたが感じる東陽テクニカの魅力は

計測に関する技術的な優位性は魅力だと思います。自部門ですと、当社で扱う海外の計測器メーカーのソフトウェア開発者に来日いただき、当社のソフトウェアから計測器を制御するための最適な方法について数日間議論したことがあります。その上で、当社で必要となるコマンドを計測器に実装していただきました。これは古くから計測に携わってきた当社だからこそできることだと思います。

また、職場の風通しの良さや働きやすさにも魅力を感じます。上司には遠慮なく意見を言える環境ですし、手を挙げればやりたいことはやらせてくれます。自部門ではリモートワーク・フレックス制度も自由に使えますし、男性で育児休暇を取得する人も私が知るだけで複数名いらっしゃるので、とても働きやすい環境だと思います。

将来のビジョン、目標

ソフトウェア・ハードウェア・EMCの業務知識など、まだまだ学ぶべきことはたくさんあるため、業務を通じて更なる技術向上を目指し、当社のビジネスに貢献したいと思います。また担当するソフトウェアの競争力を更に高めるために、ユーザビリティの改善や機能追加を迅速かつ正確に行えるような環境作りに取り組むことが当面の目標です。いずれは担当するソフトウェアの幅を広げ、お客様の様々な要求に対応できるエンジニアになることが将来の目標です。

※内容はインタビュー当時のものです。

page top