EMCソフトウェア EP9/VE、EP9/CE 最新バージョンリリース

リリース

 

EP9/VE Ver.4.04.030, EP9/CE Ver.4.04.030をリリースしました。

EP9/VE Version.4.04.030 の変更点

  • [2つのレンジを統合させた測定結果を得る]の設定が有効な場合に、妨害波候補リスト作成でエラーになる場合がある不具合を修正しました。
  • 測定レンジごとに妨害波候補リストを作成する場合のみ、[2つのレンジを統合させた測定結果を得る]の設定を使用するように修正しました。
  • 下記の条件で周波数微調を行うと、誤った周波数範囲で微調される場合がある不具合を修正しました。
    • [候補作成条件に従った有効な周波数範囲内で微調する]がON
    • [ピークサーチする際の基準]が[限度値のバンドごとにピークサーチする]
    • [全限度値バンドでの最大/最小妨害波候補数を設定する]がON
  • スペクトラム画面上で周波数が1kHz以下の場合にグラフのズームが効かない不具合を修正しました。
  • Keysight N9038A/N9048B EMI Receiverを使用する際にフィルタタイプを設定できるようにしました。

EP9/CE Version.4.04.030の変更点

  • [2つのレンジを統合させた測定結果を得る]の設定が有効な場合に、妨害波候補リスト作成でエラーになる場合がある不具合を修正しました。
  • 測定レンジごとに妨害波候補リストを作成する場合のみ、[2つのレンジを統合させた測定結果を得る]の設定を使用するように修正しました。
  • 下記の条件で周波数微調を行うと、誤った周波数範囲で微調される場合がある不具合を修正しました。
    • [候補作成条件に従った有効な周波数範囲内で微調する]がON
    • [ピークサーチする際の基準]が[限度値のバンドごとにピークサーチする]
    • [全限度値バンドでの最大/最小妨害波候補数を設定する]がON
  • スペクトラム画面上で周波数が1kHz以下の場合にグラフのズームが効かない不具合を修正しました。
  • Keysight N9038A/N9048B EMI Receiverを使用する際にフィルタタイプを設定できるようにしました。

製品の詳細については、EMCソフトウェア一覧を参照してください。