IR情報 会社情報

ブログ

EMCソフトウェア IM5/RS、IM5/CS、VI5/RS 最新バージョンリリース

カテゴリ:リリース 投稿日時 2019/07/19(金)11:15:21

IM5/RS 8.01.300、IM5/CS 8.02.200、VI5/RS 8.03.100 をリリースしました。


■ IM5/RS Version8.01.300の変更点
・アンプ出力ON時にエラー状態をチェックする機能を追加しました。
・アンプの暖機・冷機運転ウェイトを行う機能を追加しました。
・各測定でフィードバック制御を有効にした場合、フィードバック制御で許容範囲内に収束した時点の測定値を測定データとして記録するようにしました。
・フィードバック中に進行波パワーの上限チェックを行う測定オプションを追加しました。
・イミュニティ測定で周波数によるアンプ切り替え時に、前に使用していたアンプが出力OFFとならないことがある不具合を修正しました。
本不具合はイミュニティ測定条件の測定周波数ごとの休止設定で、信号発生器のレベルダウンが出力OFFに設定されている場合に発生します。
・イミュニティ測定時、測定条件で電界センサのモニタをOFFに設定していても初期化を行う不具合を修正しました。
・各測定画面を広げたときに、画面上のグラフが描画されないことがある不具合を修正しました。
・電界基準値測定後の保存時に、パワー用リファレンスファクタの更新を選択するとアプリケーションが異常終了することがある不具合を修正しました。本不具合はIM5/RS Ver.8.00.400以降で発生します。

■IM5/CS Version.8.02.200の変更点
・アンプ出力ON時にエラー状態をチェックする機能を追加しました。
・アンプの暖機・冷機運転ウェイトを行う機能を追加しました。
・イミュニティ測定で周波数によるアンプ切り替え時に、前に使用していたアンプが出力OFFとならないことがある不具合を修正しました。
  本不具合は以下ののいずれかの条件で発生します。
  * イミュニティ測定条件の測定周波数ごとの休止設定で、信号発生器のレベルダウンが出力OFFに設定されている場合
  * 中断から再開時に周波数によるアンプ切り替えが行われる場合
・各測定画面を広げたときに、画面上のグラフが描画されないことがある不具合を修正しました。
・複数台のアンプを使用する設定の場合、アンプ飽和チェックでいずれかのアンプ出力がONのままとなることがある不具合を修正しました。

■VI5/RS Version.8.03.100の変更点
・アンプ出力ON時にエラー状態をチェックする機能を追加しました。
・アンプの暖機・冷機運転ウェイトを行う機能を追加しました。
・イミュニティ測定で周波数によるアンプ切り替え時に、前に使用していたアンプが出力OFFとならないことがある不具合を修正しました。
  本不具合は以下のいずれかの条件で発生します。
  * イミュニティ測定条件の測定周波数ごとの休止設定で、信号発生器のレベルダウンが出力OFFに設定されている場合
  * 中断から再開時に周波数によるアンプ切り替えが行われる場合
・イミュニティ測定画面の測定メニュー[手動測定画面]を選択した場合に、手動測定画面が表示されない不具合を修正しました。
・イミュニティ測定時、測定条件で電界センサのモニタをOFFに設定していても初期化を行う不具合を修正しました。
・レポート作成機能等の対応アプリケーションとして、Office 2019をサポートしました。

製品の詳細については、EMCソフトウェア一覧を参照してください。
evernote share Google plus Face Book Google plus Liked In

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。