SYNESIS Ver 3.5リリース

SYNESIS

 

2018年2月7日に「SYNESIS」の最新ソフトウェアVer 3.5をリリースしました。
操作性や管理機能が改善され、ユーザーにとってより使いやすくなりました。

■「SYNESIS」 ver3.5の新機能

~パケットリプレイヤー機能~

  • パケットリプレイヤーパケットストアからデータを連続してリプレイすることが可能になりました。
    SYNESISのメニューから直接選択および操作可能となり、操作性が改善しました。

~キャプチャ機能~

  • PTP機能
    PTPによる時刻同期が可能になりました。
  • キャプチャフィルタ
    AND/OR条件が設定可能となりました。
    パターンによる指定がANDまたはOR条件で結合できるようになりました。
  • 保存フィルタ
    従来のフィルタに加え、L2/L3プロトコルによるフィルタも設定可能になりました。
    ポート番号およびVLAN IDが範囲および複数値で指定できるようになりました。
  • デコード
    EoEヘッダのデコードが可能になりました。
    最大で4GBのトレースファイルまでデコード可能になりました。
    デコード画面でVLANフィルタが使用できるようになりました。
  • ダッシュボード
    L3統計情報(ICMP、TCP、UDP、OTHERSのバイト数、パケット数)が確認可能になりました。
  • エージェント画面
    ユーザー任意のKPIグラフを選択できるようになりました。

~管理およびその他機能~

  • ログインセッションの管理
    同時ログイン数を確認できるようになりました。
    また無操作が30分以上続いた場合自動的にログアウトするようになりました。
  • 通知・アラート機能・レポート機能改善
    パケットドロップ、リンクステータスの変化、自動保存の失敗が通知できるようになりました。
    各種アラート、および周期レポートの通知先を個別に指定できるようになりました。
    APMアラートの入力上限値を2,100,000,000ミリ秒に拡張しました。
  • レポート機能(DLC統計データ周期レポート)
    従来PDF、Word、Excelのみ選択可能でしたがCSVも選択可能になりました。
  • SYNESISの管理機能
    SYNESIS上から時刻サーバの管理が可能になりました。
    キャプチャ条件を含む各設定の保存が可能になり、毎回の設定が不要になりました。
    設定が初期化できるようになりました。
  • ログの出力・取得
    SYNESISの操作履歴が確認可能になりました。
  • Wireshark/tsharkの利用
    SYNESISにインストールされたWiresharkのバージョンを任意に変更できるようになりました。
  • リモートデスクトップ
    SYNESISポータブルモデルでもリモートデスクトップ利用可能になりました。

製品の詳細については、東陽テクニカ情報通信ページを参照してください。