ライフサイエンス分野

微生物 1 細胞ゲノム解析用
「AGM™(アガロースゲル・マイクロカプセル)
試薬キット」
試供品提供
 
1細胞ゲノミクスのドアオープナー
 
AGM(アガロースゲル・マイクロカプセル)は、アガロースゲルのシェルによる細胞や微生物の包埋技術です。国立研究開発法人 理化学研究所の特許技術(特許第7018685号)により、水系溶媒中に高分散状態で生成させることを実現しました。
AGMを用いることで、ピコリットルスケールでの Multiple Displacement Amplification (MDA) による、均一なゲノムDNA増幅が実現できます。 

AGMに包埋された大腸菌1細胞(緑色)

MDA-in-AGM(緑色:増幅DNA)

大腸菌1細胞をMDA(Multiple Displacement Amplification)によりDNA増幅させた結果

 
従来法における課題とその解決
 
微生物の1細胞ゲノム解析においての大きな課題は、DNAの量が絶対的に少ないことによる増幅バイアスの発生でした。この抑制には、反応液量の微量化が有効です。この方法としては、MEMS技術によるマイクロ容器や、マイクロ流路によるオイル中の微小液滴などがあります。しかしこれらの利用には専用機器が必要な上、作製に手間がかかり、反応後の単離が困難などの課題がありました。また、ゲルで閉塞され増幅に制限があることや、外部から増幅に必要な成分が供給できないなどの課題が残っていました。 これらの課題を克服したのが、AGMです。

ゲノム増幅の完全性比較

AGM™(アガロースゲル・マイクロカプセル)試薬キット
 
"AGM™ 試薬キット" は、当技術を簡便に利用できるよう試薬キット化したものです。一般的な生物系ラボにあるような理化学機器を利用するだけで、微生物 1 細胞を微細な AGM に包埋することが可能です。

※現在、理化学研究所とのライセンス契約を進めております。
※リリース前のコンセプト実証段階であり、ご関心のある方に試供品を無償提供しておりますので、評価のご協力をお願いします。  

AGM™(アガロースゲル・マイクロカプセル)試薬キット