ナノイメージング
IR情報 会社情報

膜型表面応力センサーMSS
技術セミナー

2018年11月1日(木)

13:00~17:00

場所

東陽テクニカ 本社 8階セミナー室



最近、あらゆるもののニオイの基準となる“香りやニオイのものさし”を
生み出す
主要デバイスとして膜型表面応力センサ(Membrane-type
Surface-stress Sensor,
以下 MSS)の利用が注目されています。

このたび、このMSSを考案した国立研究開発法人 物質・材料研究機構
センサ・
アクチュエータ研究開発センター吉川元起博士および、
MSS用開発支援ツール
SD-MSSシリーズを提供するナノワールド社
秋山 照伸氏を招聘し技術セミナ
を開催します。

この機会に奮ってご参加いただきますよう、心よりお待ち申し上げます。

日時 開催内容 費用 空席 定員
2018年11月1日(木)
13:00~17:00
膜型表面応力センサーMSS 技術セミナー 無料 80
【セミナーの内容】

■講演者 :- 国立研究開発法人物質・材料研究機構

       センサ・アクチュエータ研究開発センター

       吉川 元起博士

                     -ナノワールド社 プロジェクトマネージャー

                         秋山 照伸博士

■講演内容:

      1.MSSの基本原理と最新のアプリケーション事例の紹介

         - MSSセンサー開発の歴史

         - 感応膜材料開発および波形解析技術について

         - 最新アプリケーション事例のご紹介

         - MSSアライアンス/フォーラムのご紹介


      2.MSS用開発ツールSD-MSSシリーズのご紹介

         - SD-MSSのご紹介(センサー構造・デバイス情報など) 

           - 感応膜材料の取り付けから波形取得まで

                          - ニオイ以外の応用例

【場所】
  東陽テクニカ 本社 8階セミナー室
 http://www.toyo.co.jp/company/access/
 〒103-8284 東京都中央区八重洲1-1-6

【参加費】無料

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。