ナノイメージング
IR情報 会社情報

展示会

ASTEC2019(先端表面技術展・会議)に出展します

2019年01月30日(水)~02月01日(金)

10:00~17:00

場所

東京ビッグサイト 東4ホール ブース番号:4T-13

当社はASTEC2019(表面表面技術展)に出展します。
ナノインデンター(薄膜硬度計)を中心に、プラズマFIB-SEMAFM/SPMプローブ超薄膜ヤング率測定システムなどサンプル表面の各種イメージング・分析技術をご紹介いたします。展示会にお越しの際は、当社ブースにぜひお立ち寄りください。

日時 開催内容 費用 空席 定員
2019年01月30日(水)~02月01日(金)
10:00~17:00
ASTEC2019(先端表面技術展・会議) 無料 (事前登録・招待状所持の場合)
出展製品
 ● プラズマFIB-SEM

    - 従来のGaイオンFIBに比べ50倍以上のミリングレートを有する新型XeプラズマFIBカラム搭載
    - 大容量・高速加工を実現、加工幅 1umの加工も可能
    - Gaフリー・低ダメージでの試料作成は各種分析に最適
    - 3Dイメージング、3D-EDS、3D-EBSDにも対応 


  ナノインデンター
    - ナノインデンテーションの世界標準機
    - 硬度・ヤング率の測定だけでなく、スクラッチ, 動的粘弾性, 加熱試験, 粘着力測定など
     幅広い機械特性評価に対応

  超薄膜ヤング率測定システム(LAWave)
    - 5nm厚DLC薄膜のヤング率測定に対応
    - 150mmφウェハ対応

  AFM/SPMプローブ
    - 世界標準のAFM/SPMプローブ
    - 形状測定、電気測定などあらゆるニーズに対応
    - フォース測定用の球状チップ
    - 高耐久性カーボンチップ


  膜型表面応力センサー(SD-MSS)
    - 香りやニオイのものさしを生み出す超高感度・超小型センサー素子
    - 複数の感応膜を同一環境で評価できるMSS-8RM 実験用モジュール
 
パネルディスカッション
「トライボロジーにおけるオープン イノベショオープンの課題 と将来 」に参加します。
ナノインデンターについての意見を述べる予定です。

展示会について
ASTEC2019は薄膜製造・各種コーティング・塗装等の最新表面処理技術が集結します。ナノテクノロジー総合展(nano tech2019)などと併設され、3日間で約50,000人が来場する国内最大級の展示会です。
展示会ホームページ : http://www.astecexpo.jp/

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。