NANOSENSORS

AdvencedTECプローブ 

チップ先端がカンチレバー先端より突出し、直上からチップの先端を観察可能。チップ先端を視確する必要があるアプリケーション(マニピュレーション等)に有効です。

特長

  • チップはプローブ先端から突出して形成され、AFMにセットした場合でも直情からチップ先端と測定位置を視確可能
  • ナノマニピュレーションやナノリソグラフィー、光励起を利用するアプリケーションなどに利用可能
  • チップ部の仕様
    • 材質:単結晶Si
    • チップ長さ:15~20μm
    • ハーフコーンアングル:12°以下(正面から見た場合)
                                                   :8°以下(サイドから見た場合)
    • チップ先端曲率:10nm以下(15nm以下保証)

仕様

製品名 測定モード タイプ チップコート 反射コート 曲率半径 カンチレバー長さ バネ定数 共振周波数 チップ高さ
ATEC-NC ACモード 高共振周波数 - - 10nm 160μm 45N/m 335kHz 15~20μm
ATEC-FM ACモード フォースモジュレーション - - 10nm 240μm 2.8N/m 85kHz 15~20μm
ATEC-CONT コンタクトモード ロングレバー - - 10nm 450μm 0.2N/m 15kHz 15~20μm
*値はティピカルです。

ラインナップ・見積依頼

型番 本数 特性表  
ATEC-NC-10 10 なし
見積もりカートへ
ATEC-NC-20 20 なし
見積もりカートへ
ATEC-NC-50 50 なし
見積もりカートへ
ATEC-FM-10 10 なし
見積もりカートへ
ATEC-FM-20 20 なし
見積もりカートへ
ATEC-FM-50 50 なし
見積もりカートへ
ATEC-CONT-10 10 なし
見積もりカートへ
ATEC-CONT-20 20 なし
見積もりカートへ
ATEC-CONT-50 50 なし
見積もりカートへ

動画