金属インクで導電性パターン印刷

Microprolotter システムを用いて銀のナノ金属インクで線を描画した後、アニーリングを施して µm スケールの導電性パターンを形成したものです。

銀のナノ金属インクは、インクジェット方式で使える標準品として販売されている懸濁液です。
一般的な配線パターンは、Microplotter システムに含まれる描画ソフトウェア SonoDraw によって設定できます。

インクが Microplotter に装填されると、設定されたパターンに従った線の描画が、制御用ソフトウェア SonoGuide によって行われます。 パターン印刷後、基板を 100℃ で 1時間アニーリングし、描画された線を金属のワイヤーとして固着させます。


ナノ金属インクを用いた配線パターン印刷


描画ソフトウェア SonoDraw

制御用ソフトウェア SonoGuide
  • 検索結果が見つかりませんでした