メディカルシステム
IR情報 会社情報

展示会

医用画像管理学会 医用画像管理セミナーin札幌   医療機器最新情報&機器展示

2016/10/1(土)

10:00~18:30  

場所

北海道情報大学サテライト

本展示会は終了いたしました。 たくさんのご来場誠にありがとうございました。
------------------------------------------------------------------
医療機器最新情報&機器展示にて東陽テクニカが国内で展開する胸部X線読影支援技術"ClearRead"シリーズを出展します。
ClearReadは通常撮影で得られる元画像1枚から骨組織透過処理を行う胸部X線骨組織透過ソリューション“ClearRead BS”、またオプションとして骨組織透過後に経時差分処理を行う“ClearRead +Compare”及び医療用チューブ強調処理技術“ClearRead +Confirm”のラインナップを揃え、先進の画像処理技術で院内胸部X線読影を強力に支援します。
皆様のご来場を心よりお待ちしています。

◇セミナー参加費が必要です。詳細はセミナーホームページを参照ください。
   >>医用画像管理学会 医用画像管理セミナーin札幌ホームページ http://www.jsmim.jp/index.php/2016/08/09/post-1758/ 

→胸部X線骨組織透過ソリューションClearReadシリーズ製品ページはこちら

 

展示製品

胸部X線骨組織透過ソリューションClearReadシリーズ

■胸部X線骨組織透過ソリューション 『ClearRead BS』    
                       

  胸部X線画像に対し肋骨・鎖骨等の骨組織を透過させ、肺組織の視認性を向上させる独自の画像処理技術です。
  骨組織に重なり検出が困難であった肺結節や異常陰影の視認性を飛躍的に向上させます。
 

■胸部X線経時差分ソリューション 『ClearRead +Compare』

  ベース技術であるClearRead BSとともに動作する経時差分技術です。
  ClearRead BSにより生成された現在・過去の骨組織透過画像に差分処理を施すことにより、経時的に変化があった部分を
  強調表示する画像を生成します。
 

■胸部X線経時差分ソリューション 『ClearRead +Compare』
  ベース技術であるClearRead BSの上で動作する医療用チューブ強調処理技術です。
  ClearRead BSにより生成された骨組織透過処理画像に強調処理を加えることで胸部X線画像上のIVHやカテーテル等の
  医療用チューブを全自動で強調し、その位置確認にかかっていた労力や時間を大幅に削減します。
 

 

 

 

 

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP