メディカルシステム
IR情報 会社情報

一般撮影

一般撮影とは、「X線撮影」、「単純撮影」、「レントゲン」とも言われております。この技術はX線を用い、胸部、腹部、全身骨格など身体内部の構造を可視化することで検査や診断を行うために利用される、医用画像撮影のことです。骨などのX線が透過し難い物質は白く、臓器や血管、空気などX線が透過しやすい物質は黒く写し出されます。


 
  • MXI社製X線撮影装置向フラットパネルディテクタ
    1

    MX Imaging社製17インチ×17インチ (43cmx43cm相当)        フラットパネルディテクタ
    MX Imaging, Inc

    MX Imaging社製FPDRシリーズはX線DR撮影装置向けに開発された高機能・高解像X線フラットパネルディテクタです。低X線照射量で高画質、高解像度の画像を取得できる最先端のX線撮影環境を提供します。

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。