メディカルシステム
IR情報 会社情報

CT

CT : Computer Tomography装置用OEM

ContextVisionについて;
ContextVisionは、1983年にスウェーデンのLinkoping Universityの専門調査チームによって設立されました。大学は、1970年代から分野における先導的研究の歴史を持つデジタル画像分析の中心でした。

ContextVisionの医療分野における大きな進展は、同社が最初のOEM(Original Equipment Manufacturer)契約を締結した1987年です。それ以来、MRI、CT、X線、超音波医療装置用の強力な医用画像強調ソフトウェアは、新しい標準を確立し続け、世界中の医療診断装置市場をリードし続けており、日本国内においても多くのモダリティベンダー様にご採用を頂き、高評価を賜ってきております。 ContextVisionは、2009年に3D / 4D超音波画像を改善・強調するための最初の3D用フィルタを開発・販売を開始し、市場を開拓しました。

最近、人工知能(A.I.)と最新の機械学習技術、深層学習の中で専門知識を開発しました。 2016年10月には、画像解析のための深層学習を使用して世界コンペで2位となり、その技術に関する知識が世界的に認められました。
ContextVisionは、前立腺癌および乳癌を含む様々な癌の種類の中で革新的な意思決定支援製品を開発する目的で、2015年に始まったEurostarsの後援を受けた新しいデジタル病理研究プログラムもサポートしています。


CT用画質向上ソフトウェアについて;
ContextVision(スウェーデン)では、CT装置用として開発された画質向上ソフトウェアモジュール「GOPView CT」を継続して販売いたしております。「GOPView CT」は世界中のCT装置ベンダー様より、長い間高い支持を受けておりその画質向上機能に対する評価も高い商品です。
CT装置ベンダー様にて開発されるCT装置に組込むことでCT装置の付加価値を増やすことができ、装置販売に貢献できることと信じております。
CT装置ベンダー様にておかれましては、商品の詳細やOEMをご希望される場合はこちらからお問い合わせください。

 
  • 検索結果が見つかりませんでした

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。