メディカルシステム
IR情報 会社情報





X線透視画像(動画)用画質改善ソフトウェア・モジュール GOPView iRV Ultra 

ContextVision
X線透視画像(動画)用画質改善ソフトウェア・モジュール GOPView iRV Ultra digital X-Ray VET
0
  • digital

    1
  • 左調整前、右調整後

    2
  • VR

    3

GOPView iRVUltraは、低放射線量で見易く鮮明な画像品質を提供することで、整形外科や脳神経外科領域などの手術において血管内カテーテル治療などの低侵襲な技法を採用可能にするX線透視撮影装置に実装できる線(動画)画質改善ソフトウェア・モジュールです。 X線透視撮影機器に固有な必要画質条件に対応したContextVisionGOPRアルゴリズムは、X線透視撮影機器に実装されることでX線透視画像(動画)を強調し、低被爆線量による撮像を実現できます。
 

特長


gopview%20irv%20ultra.png
上記画像は冠動脈画像です。左側の画像は標準よりも30%低い放射線量で撮像された画像で、GOPView iRV ultra により強調処理と画質改善処理されています。処理後の画像はエッジが際立ち、ノイズが除去されて血管や細部の鮮明さを実現しています。動脈樹の鮮明さとより小さい血管の鮮明さを実現しています。

■40%放射線量低減における低侵襲手術の実現性
■微妙な病理、血管のエッジ、ステントの壁をリアルタイム動画に対して視覚化
■時間的ぼかしを伴わない最適ノイズ低減のための適応的時間フィルタリング
■シャープなエッジ、ライン、コントラストの改善による効率的なノイズ抑制
 

テクノロジー

ContextVisionの新しい画質改善ソフトウェア・モジュールは、検出器と放射線発生器に依存することなく、最新のソフトウェアベース・システムに容易に統合することができます。最適化されたGPU(グラフィックスプロセッシングユニット)ボードと共に使用すると、1k×1kのリアルタイム性能(30fps以上)が可能です。 GOPView iRVUltraは、すべてのX線透視撮影機器に実装可能です。
GOPアルゴリズムは、適応性があり、情報を見つけて構造を分析し、真の情報と偽の情報(例えば、雑音、人工物)を区別する方法において、人間の視覚システムを模倣します。真の構造が正確に識別されていることを知っていると、フィルタリングとエンハンスメントは確実に各ピクセルに適用できます。このコンテキスト情報は、新しいContextVision適応型時間フィルタリングと高度なモーションコントロールが組み合わされています。これにより、一時的なぼかしを行わずにさまざまな種類の介入処置中にカスタマイズされた拡張が可能になります。
ContextVisionは、X線透視撮影機器メーカ様に対して、検出器機構にかかわらず、リアルタイムで高度な画像強調と被曝線量削減の組合せの実現を提供します。 GOPView iRVUltraは、血管壁、カテーテルチップ、ステントエッジなどの診断上重要な構造物を鮮明にするとともに、ノイズを抑制し、撮像に必要なX線放射量すべてを大幅に低減することで、臨床価値の信頼性向上を実現します。
 

仕様

ContextVisionの新しい画質改善ソフトウェア・モジュールはX線透視撮影機器の検出器や放射線発生器に依存しない、容易に撮影機器に実装が行える最新の統合型ソフトウェアベースのソフトウェア・モジュールです。

■ソフトウェア開発キット
GOPView IRVUltraにはダイナミックリンク可能なCVIEライブラリ(.dllまたは.soと.hファイル)、コンソールの例ソースコード付きのプログラム、ライセンスセットアッププログラム、およびアプリケーション
プログラミングインタフェース((API)のドキュメントを参照してください。)上で、またWindows XP、Vista、Windowsを搭載したPC7またはLinux上で動作可能です。

■操作
操作はメモリからメモリへのイメージ上で実行されます。 任意の形状または形状のマスクを用いて処理領域を画定することができる。 ユーザーインターフェイスコンポーネントは含まれていません。 GOPView iRVUltraはユーザーインターフェイスに依存しません。

■パラメータの調整
さまざまな使用シナリオに従ってパラメータファイルを使用して操作をカスタマイズできます。 パラメータはファイルから読み込まれます。 各パラメータファイルには、アプリケーションが選択できるいくつかの設定が含まれています。 コンテクストビジョンの専門の医用イメージングエンジニアは、これらのパラメータのチューニングをサポートしています。

■データ形式
最大16ビットのモノクロピクセル画像とマスクの両方のデータに対応します。最大1024×1024の画像サイズピクセルをリアルタイム処理することができます(推奨されるGPUボードを使用した場合)。

■パフォーマンス
推奨されたGPUボードを使用した場合の、達成可能なパフォーマンスは1秒間に最低30フレーム1024×1024×2バイトの画像処理を行う場合です。

■ライセンス
SafeNet Sentinel SuperPro USBドングルおよび/またはハードウェア認証方式を採用。

■技術基盤
ContextVision独自の適応アルゴリズムは、GOP技術に基づいています。 すべてのアルゴリズム実装はアーティファクトを導入することなく、品質と速度を最適化します。

●ノート
ContextVisionの品質管理システムは、SS-EN ISO 13485:2003の要件に適合していることが証明されています。

 

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。