ContextVision

デジタルX線撮影装置用画質改善ソフトウェア・モジュール GOP View XR2Plus

GOPView XR2Plusは、Direct Radiography(DR)、Computed Radiography(CR)、CCD画像キャプチャデバイスなどのX線データに対応しています。GOPView XR2Plusは検出器とX線ジェネレータに依存せず、ソフトウェアに簡単に統合できます。GOPView XR2Plusを実装することで、暗部と明るい領域を同時に表示するための効果的なラティチュード圧縮、コントラスト強調、エッジとラインの強調、特に軟組織の領域での優れたノイズリダクションを可能にします。 GOPView XR2Plusは、アーチファクトを導入することなく金属インプラントを効果的に扱うように設計されているため、これらの領域の診断精度が高くなります。
適応ノイズ抑制技法は、そのコンテキストにおける各ピクセルを解析します。真の構造が正確に識別されたことを自信を持って認識し、フィルタリングと強調を適用します。S/N比が低い低線量アプリケーションでも、アルゴリズムを適応させて調整する能力は、極めて一貫した診断画像品質を提供します。

特長

  • インテリジェントなノイズ除去
  • 優れたエッジとコントラストの強調
  • 効果的な緯度圧縮

技術優位性

  • デテクタ―依存によるソリューション
  • ユーザの好みに対してカスタマイズ
  • アドオン・モジュールとチューニング・インタフェースを補充

臨床優位性

  • 異なる組織と微妙な病理学のすばらしい可視化
  • ユーザの用途や趣向に依存する異なる見え方に対して調整可能
  • 優れた堅牢性と再生性
  • メタル・セーフ; 金属製インプラント周辺のアーチファクトがない