聖路加国際病院様インタビュー ―肺がんの早期発見を補助― 過酷な業務に携わる医師を助ける最先端画像処理技術

肺がんの早期発見に大きく寄与するCT検査。精密検査のみならず、検診における需要も年々高まっており、CTの読影件数は大幅に増加しています。その反面、医師は膨大な枚数のCT 画像から病変の検出を行うため、常に集中力を維持した状態が求められ、大きな負担となっています。胸部CT 画像の読影における課題とその解決策について聖路加国際病院 放射線科部長 栗原医師、及び同科医長兼 胸部画像診断室 室長 松迫医師に話を聞きました。
*****
本ページは医療関係の方をご利用対象者とした情報提供を目的としております。
一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。
*****

インタビュー記事PDF
ファイルダウンロードはこちら


胸部CT肺血管透過処理システム
ClearRead CT-VS製品ページはこちら