京都工場保健会様インタビュー ClearReadによる経時差分処理導入の効果と必要性

健診施設における胸部X線画像。それは最も汎用的な検査の1つであり、日々膨大な数の検査が実施されている。その反面読影を行う医師の数は限られており、長時間の集中力の維持や読影時の心的負担など、その負担はますます大きくなっている。そのような課題の解決に取り組んでいる施設として国内でも有数の検査数を誇る京都工場保健会の医師、技師に話を聞きました。
*****
本ページは医療関係の方をご利用対象者とした情報提供を目的としております。
一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。
*****

インタビュー記事PDF
ファイルダウンロードはこちら


胸部X線骨組織透過処理システム
ClearReadシリーズ製品ページはこちら