機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

ライブラリに関するFAQ

image_toyo_ss_img_qacpp_title_qacpp.gif.gif
ライブラリに関するFAQ  
image_toyo_ss_img_all_line_red.gif.gif
質問1. サードパーティ製のライブラリを使用したコードを解析することはできますか。 QAC++全般 戻る
回答1. QA C++にとって特に重要なのは、「サードパーティ製のライブラリを コンパイルする際に、どのコンパイラが使用されているのか?」であり、「どのサードパーティ製のライブラリを使用しているのか?」ではありません。
image_toyo_common_spacer.gif.gif
なぜなら、サードパーティ製のライブラリは、通常複数のコンパイラ でコンパイルできるようにするために、汎用的に作られており、コンパイラ固有のクセがライブラリの コードに混入することは少ないからです。
image_toyo_common_spacer.gif.gif
このような背景がありますので、QAC++が対応しているコンパイラで あれば、通常は問題なくサードパーティ製のライブラリを解析する ことができます。
image_toyo_common_spacer.gif.gif
質問2. Boostライブラリを使用したコードを解析することはできますか? QAC++2.1J以上 戻る
回答2. QA C++はBoostライブラリに対応しています。
なお、QA C++の開発元であるProgramming Research社は次期ISO C++標準規格の策定に参画しており、Boostライブラリは次期ISO C++標準規格に組み込まれる予定になっています。
ただし、Boostライブラリを使用したコードを解析する際は、保守ユーザ様向け情報ページで公開しているBoostライブラリ解析補助ツールをご利用ください。
image_toyo_common_spacer.gif.gif
質問3. System Cライブラリを使用したコードを解析することはできますか? QAC++2.1J以上 戻る
回答3. QA C++はSystem Cライブラリを使用したコードを解析することができます。
System Cは、独自の文法を持つ言語ではなく、C++言語のクラスライブラリ として提供されています。汎用的な実装になっているため、QA C++で解析することができます。

PAGE TOP