機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

Polarion 2012 SR1の新機能

Version 2012 Service Release 1をリリース

Version 2012 -- SR1 (Service Release 1) を、Polarion Software 社の Web サイトからダウンロードできるようになりました(ページ下部のリンクをご利用ください)。アップデート版は、保守契約を締結していただいているお客様に限り、無料でご利用いただけます。

なお、今回のリリースには、以下の新機能が含まれています。

  • テスト手順に関する機能。この機能が有効にされている場合、手動および自動テストの両方において、テストケースの説明にテスト手順のテーブルを追加することができます(この機能自体はオプションです)。テスト手順のテーブルは、テストの実行中にテスト実行ウィジェットに表示されます。テスト担当者は、テストケース全体の結果以外に、“パス”、“失敗”、“ブロック”のいずれかのステータスを、個々のテスト手順の結果として記録することができます。なお、本リリースからは、各テストケースの実行に要する時間も、テスト履歴の一部として記録されます。(Polarion ALM、Polarion QA、Polarion REQUIREMENTS を使用する場合)
  • ワークアイテムの翻訳。オプションとして、ワークアイテムのタイトルと説明を、複数の言語へ翻訳することができます。この機能を使用するには、翻訳されたテキストを保存するためのカスタム・フィールドを作成する必要があります(複数の言語へ翻訳する場合は、翻訳する言語の数だけフィールドを作成してください)。また、ワークアイテム・タイプごとに異なる言語を表示したり、LiveDoc ドキュメントにワークアイテムが含まれている場合には、それらのワークアイテムを表示するために使用する言語を選択し、選択した言語で印刷または PDF へのエクスポートを行うことができます。(Polarion ALM、Polarion QA、Polarion REQUIREMENTS を使用する場合)
  • SQL データベース・レイヤへのリモート接続。Polarion の実行中に、リモート・クライアントから SQL データベース・レイヤへ接続することができます。なお、本リリースから、データベース・レイヤに関する新しいドキュメント(スキーマ・ダイアグラム、リモート接続の方法、 SQL クエリの例など、様々な情報を含みます)が、 SDK に同梱されるようになりました。(Polarion REVIEWERを除くすべての Polarion 製品を使用する場合)
  • Google Chrome と Firefox 12 のサポート。

本リリースの詳細に関しては、アップデートに同梱されている ver_history.html ファイルでご確認いただけます。

本リリースは、保守契約を締結していただいているお客様に限り、無料でご利用いただけます。保守契約を締結していただいているお客様は、アップデートを以下のサイトからダウンロードしてご利用ください: http://www.polarion.com/downloads/update.php

PAGE TOP