機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

PERFORCEテクニカルノート024

image_toyo_ss_img_perforce_title_perforce.gif.gif
テクニカルノート024  
image_toyo_ss_img_all_line_yellow.gif.gif
image_toyo_common_spacer.gif.gif
ディポ・ディレクトリをリネームする
image_toyo_common_spacer.gif.gif
タスク
image_toyo_common_spacer.gif.gif
ディポ・ディレクトリを移動またはリネームします。
image_toyo_common_spacer.gif.gif
解決策
image_toyo_common_spacer.gif.gif
ディレクトリを移動またはリネームするには、既存のディレクトリを新しいディレクトリへとブランチし、 既存のディレクトリを削除します。例えば、//depot/widgetsを//depot/main/widgetsにリネームするには、 以下のコマンドを実行します。
        p4 integ //depot/widgets/... //depot/main/widgets/...
        p4 delete //depot/widgets/...
        p4 submit
              
この一連のコマンドでは、//depot/widgets にあるファイルの最新リビジョンを削除済みとしてマークします。 //depot/widgets のファイルを削除して、//depot/main/widgets のファイルをコピーするには、 ユーザは自分のクライアント・ビューが//depot/main/widgetsにマッピングされた状態で p4 sync を 実行する必要があります。
image_toyo_common_spacer.gif.gif
新しいディレクトリにあるファイルの全履歴は、p4 filelog -i および p4 changes -i により 表示することができます。
image_toyo_common_spacer.gif.gif
ディポ・ディレクトリをリネームした後は、新しい名前が反映されるようにディポ名に対する参照を変更し、 すべてのユーザが新しいディレクトリの表示およびそこからのファイルの同期を行えるようにしなければなり ません。エラーを回避するために、以下についてディポ・ディレクトリの参照箇所をチェックしてください。
image_toyo_common_spacer.gif.gif
プロテクション・テーブル
クライアント・ワークスペース仕様
ラベル
ブランチ仕様
トリガ
ディポ・ディレクトリを参照しているスクリプト>
image_toyo_common_spacer.gif.gif
image_toyo_ss_img_all_btn_yellow_bgwhite2.gif.gif戻る

PAGE TOP