機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

PERFORCEテクニカルノート006

image_toyo_ss_img_perforce_title_perforce.gif.gif
テクニカルノート006  
image_toyo_ss_img_all_line_yellow.gif.gif
image_toyo_common_spacer.gif.gif
スクリプトやバッチファイルからファイルをサブミットする方法
サブミット時にエディタを起動しないようにする方法
image_toyo_common_spacer.gif.gif
次のように実行することによって、サブミット時にエディタを起動しないようにすることができます。 submitに指定する -i オプションは、データを標準入力から読み込むことを指定します。:
image_toyo_common_spacer.gif.gif
p4 submit -i

image_toyo_common_spacer.gif.gif
例えばこのコマンドを実行するには、inputfileは正しく完成されたサブミット・フォームでなければなりません。:
image_toyo_common_spacer.gif.gif
p4 submit -i < inputfile

image_toyo_common_spacer.gif.gif
どのような内容になるか、例を示します。:
image_toyo_common_spacer.gif.gif
Change:	new
Description:
	Modify web pages.
Files:
	//depot/www/index.html
	//depot/www/products.html

image_toyo_common_spacer.gif.gif
フィールド名で始まっていない行は、空白文字またはタブ文字で始まらなければなりません。(フィールド名というのは、上の例で言うと "Change:"、"Description:"、"Files:" です。)
image_toyo_common_spacer.gif.gif
p4 submitコマンド用に妥当な入力テンプレートを作成するには、次のように実行するのが簡単です。
image_toyo_common_spacer.gif.gif
p4 change -o

image_toyo_common_spacer.gif.gif
スクリプトを作成し、事前に用意したデータでこの出力を変更するようにしてください。 p4 changeは、現在のクライアント・ワークスペースで作業状態になっているファイルをリストしますので、通常はコメント(Description) を書き換えるだけです。例えばシェル・スクリプト(UNIX/Linux)では、次のように書くことができます。
image_toyo_common_spacer.gif.gif
p4 change -o |
sed "s//Nightly build results/" |
p4 submit -i

image_toyo_common_spacer.gif.gif
注:Windows/DOSにおいては、これと同様のことができるUNIXライクなユーティリティが、別に(オープンソースおよび商用ツールとして)存在します。
image_toyo_common_spacer.gif.gif
別の方法として、番号付きチェンジリストを作成し、チェンジリスト番号をキャプチャし、その番号付きチェンジリストをサブミットするという方法があります。 これを行うためには、スクリプト内で次のように実行します。
image_toyo_common_spacer.gif.gif
p4 change -i < inputfile
p4 submit -c changenum

image_toyo_common_spacer.gif.gif
ここで changenum は、それ以前に実行したコマンドで生成したチェンジリスト番号です。さらに、 inputfile は正しいサブミット・フォームを含んでおり、スクリプトが新しいチェンジリスト番号をキャプチャし、保持すると仮定します。
image_toyo_common_spacer.gif.gif
image_toyo_ss_img_all_btn_yellow_bgwhite2.gif.gif戻る

PAGE TOP