機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

PERFORCE運用方法に関するFAQ

image_toyo_ss_img_perforce_title_perforce.gif.gif
運用方法に関するFAQ  
image_toyo_ss_img_all_line_yellow.gif.gif
質問1. ディポに対して行った変更を、自動的に他のユーザに知らせることはできますか? 戻る
回答1. できます。PERFORCEのトリガ(またはデーモン)機能を用いることにより、サブミットによって行われた変更を他のユーザにE-mailで知らせることができます。さらに、このトリガ(またはデーモン)機能では自由な(ユーザ定義の)アクションを実行させることができますので、 「品質メトリックスを測定/記録する」「ソースファイルのコメントと変更差分を元に変更通知書を作成する」などのプロセスを実現することも可能です。
image_toyo_common_spacer.gif.gif
質問2. 特定の条件を満たさない場合、ディポへのサブミットを禁止させることはできますか? 戻る
回答2. できます。PERFORCEのトリガ機能を用いることにより、サブミット前に条件を検査し、NGであれば自動的にサブミットを中止させることができます。これにより、 「サブミットできるユーザを限定する」「チェンジにジョブが関連付けられていない場合、サブミットを禁止する」というようなプロセスを実現することができます。
image_toyo_common_spacer.gif.gif
質問3. 1つのジョブに複数のチェンジを関連付けられますか? また、1つのチェンジに複数のジョブを関連付けられますか? 戻る
回答3. 両方とも可能です。ジョブは「実施しようとしている変更(要求)」、チェンジは「実施した変更」であり、ジョブとチェンジには多対多の関係を持たせることができます。 例えば、「I/Fミスの障害対応」というジョブに対して「foo.cおよびbar.cを修正するチェンジ00567」と「msg.cを修正するチェンジ00612」が割り当てられている時、別の「リストが表示できない障害の修正」という ジョブに対して、すでに定義してあるチェンジ00567と00612を関連付けることができます。 発生した障害に対して、原因(修正するファイル)が同じだった場合、このようなケースになります。
image_toyo_common_spacer.gif.gif
質問4. ジョブの項目(ジョブ仕様)をカスタマイズできますか? 戻る
回答4. できます。既存の項目に対して、さらに新規の項目(障害のカテゴリ、担当グループ、モジュール名、 要求仕様書の項目番号 等)を自由に追加することができます。さらに、追加した項目については、入力必須か否か、デフォルト値、選択肢等を指定することが可能です。
image_toyo_common_spacer.gif.gif
質問5. 地理的に分散した拠点における同時並行開発をサポートしますか? 戻る
回答5. サポートします。地理的に分散した拠点間で情報を共有するには、 「中央のリポジトリに対して高速にネットワーク・アクセスする」か「リポジトリの複製を用いてそれらを同期する」という手法が考えられます。PERFORCEは、前者の手法を採用しています。
PERFORCEのファイル・アクセスにおいては、特定のネットワーク・ファイルシステム(NFS等)を必要とせず、またデータのトラフィックも最小限に抑えられています。つまり、WANのようなThin Network(細いネットワーク)においても十分なパフォーマンスが得られるため、 「リポジトリの複製を用いてそれらを同期する」ための面倒な環境と管理手順を必要としません。
P4Proxyを使えば、ネットワークのパフォーマンスを さらに改善することができます。

PAGE TOP