機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

低温温度センサ 比較一覧表

低温温度センサ 比較一覧表

 
 
センサーセレクションガイド
センサー種別
シリーズ名
1K以下の測定に適する
使用温度範囲が広い
標準温度カーブがある
磁場中で使用できる
放射線の影響を受けにくい
シリコンダイオード
DT
 
   
GaAlAsダイオード
TG
 
 
 
白金抵抗
PT
 
 
セルノックス抵抗
CX
 
ゲルマニウム抵抗
GR
       
酸化ルテニウム抵抗
RX
 
キャパシタンス
CS
 
 
 
熱電対    
   

 

シリコンダイオードセンサー DTシリーズ
1.4Kから500Kの一般的な低温の実験に最適です。温度対出力電圧の特性が標準温度カーブに沿っているのでセンサー間の交換性があります。放射線中で使用する場合は他のセンサーをご検討ください。
 
GaAlAsダイオードセンサー TGシリーズ
1.4Kから500K の範囲で使用できます。シリコンダイオードより磁場の影響を受けにくく、また、より高い感度(25K以下にて)を持ちます。このセンサーには校正が必要です。
 
白金抵抗センサー PTシリーズ
30Kから800Kの範囲で一定した感度を示します。70K以上では標準温度カーブに沿うのでセンサー間の交換性があります。レイクショアでは独自に14Kから校正したセンサーを用意しています。
 
セルノックス抵抗センサー CXシリーズ
セラミックスの薄膜抵抗センサーです。このセンサーは温度応答時間が速く、また熱サイクルや強い磁場、放射線の照射といったストレスに高い耐性があります。また様々な形状のパッケージが用意されています。使用温度範囲は0.1Kから325Kです。HTセルノックスは特別に420Kまで使用できるモデルです。
 
ゲルマニウム抵抗センサー GRシリーズ
0.05Kから30Kの温度範囲で高い確度が得られます。いくつかのモデルは100Kまで使用できます。放射線に対する耐性がありますが、磁場中での使用はお勧めしません。
 
酸化ルテニウム抵抗センサー RXシリーズ
磁場の影響を受けにくい、酸化ルテニウムグラス厚膜抵抗センサーです。4種類のモデルの内、1種類のモデルは10mKまで使用できます。
 
キャパシタンス温度センサー CSシリーズ
磁場の影響を受けないので1Kまでの温度で強磁場下の温度コントロールに理想的なセンサーです。あらかじめゼロ磁場中で別のセンサーを使って温度を測定しておく必要があります。キャパシタンスセンサーはコントロールのみを目的として使用します。
 
熱電対
使用温度範囲が広くそして高温まで一定の感度を持ちます。安価で標準カーブもありますが、センサーの設置状況の影響を受けやすいので他のセンサーより確度が低下します。

 

PAGE TOP