機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

メトリックのサマリ

メトリックのサマリ  
line_red.gif

以下の表で、QACが採用しているメトリックを示します。表にはメトリックの略号と簡単な説明のほか、メトリック毎に標準値も載せました。
メトリックのいくつかはファイルベースのものです。それらの値が幾分ファイルに固有であることから、標準値を示すことができません。
標準値のあるものについては ANSI規格で最低値が要求されています。その他は、QACの警告メッセージ出力のトリガ値で、全て変更可能です。



関数に関するメトリック

略 号

説 明

標 準 値

STFIL ファイル名  
STNAM 関数名  
STCYC 経路複雑度 < 10 *
STMCC マイヤーズインターバル < 10
STMIF 制御構造のネスティング < 15 #
STSUB 関数呼び出しの  
STAKI アキヤマ指標 STCYC + STSUB
STLIN 保守可能なコード行数 < 50 *
STXLN 実行コード行数 ≦STLIN
STBAK 後方ジャンプ数 0
STELF 中途半端なelse-if文 0
STGTO 関数の中のgoto文の数 0
STKNT ノットカウント 0
STKDN ノット密度 STKNT / STXLN
STUNV 未使用の変数の数 0
STLCT 宣言されたローカル変数の数 < 127 #
STPTH スタティックパスカウント見積り < 200 *
STPDN パス密度 STPTH / STXLN
STPBG パスベースの潜在バグ見積り Log10(STPTH)

*:この値はqac.cfgファイルのデフォルト値を再設定することによって変更可能ですが、これらは警告出力のトリガ値として導き出されたもので、変更は推奨できません。

#:これは ANSI準拠コンパイラによってサポートされることを要求された値です。従って、厳密にANSI遵守を施行するためには、実際の値はこれよりも小さくなければなりません。



ファイルに関するメトリック
略 号 説 明 標 準 値
STFIL ソースファイル名  
STNAM ソースファイル名  
STNTB 非トークンベースのヘッダ  
STSCT 宣言されたスタティック変数の数 < 127
STECT 宣言された内部変数の数 < 511 #
STFNC このファイル中の関数の数  
STFCO 関数カップリング見積り  
STTKB トークンベース用ヘッダ  
STVAR 使用されている識別子の合計数  
STOPT 演算子の数(t1)  
STOPN オペランドの数(t2)  
STTOT 実際のトークンの数(n)  
STZIP nのZipf予測値  
STHAL nのHalstead予測値  
STSHN Shannonの情報量  
STDIF プログラム難易度 ≦12
STEFF プログラミング努力度  
STVOL プログラム規模  
STDEV 開発工数見積り(人・日)  
STPRT 移植時間(日)見積り 0
STMOB 移植度 100%
STBUG バグ見積り 0
STTPP プリプロセス前の行数  
STTLN プリプロセス後の行数 < STTPP
STBCS ベーシックCocomoヘッダ  
STBMO 工数見積り(プログラマ・月)……Organic  
STBMS 工数見積り(プログラマ・月)……Semi-detached  
STBME 工数見積り(プログラマ・月)……Embedded  
STTDO 工数見積り(合計月数)……Organic  
STTDS 工数見積り(合計月数)……Semi-detached  
STTDE 工数見積り(合計月数)……Embedded  
STCOM コメントベース統計ヘッダ  
STCDN コメント密度 0.1 < STCDN < 0.8
#:これは ANSI準拠コンパイラによってサポートされることを要求された値です。従って、厳密にANSI遵守を施行するためには、実際の値はこれよりも小さくなければなりません。

PAGE TOP