機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

ソースコードの品質保証

ソースコードの品質保証  
line_red.gif

プロのソフトウェア開発者としての我々のゴールは、なしうる限りの最高の信頼性を持つ製品を作ることです。
ここで信頼性は品質と置きかえることができます。

 

我々は、ソフトウェアの品質は定量的に示すことができ、’品質が良い’とは定量的に示された基準を満たしていると保証されていることだと考えています。
言いかえれば、品質保証は、開発中の製品がその各段階で最小限の測定可能な品質基準に合うよう保証することであるといえます。

 

何らかの方法で進歩が測定できなければ、何も管理できないことは一般的によく知られています。
これはいろいろな分野のプロジェクトにもあてはまります。仕事の練度や生産物の信頼性を改善したければ、どのようにしてそこに至るのかを決める為にも、今我々がどこにいるのか、そして目標をどこに置くかを測る何らかの方法を持つ必要があります。

 

‘品質’にとってのキーは、定量化できること、即ち、予め決定したゴールに到達するために採るべき行動を支援し、常に我々がどこにいるのかを評価するための客観的な指標化にあるのです。

ソフトウェアにおける我々の究極的なゴールは欠陥ゼロのコード作成です。

現在、我々はそこからはほど遠い距離にありますが、妥当なガイドラインに注意深く従ってゆけばゴールに近づくことは可能です。

 

構造化された作業と注意深いコードのレビューが、ソフトウェアの信頼性全般にわたって効果を持つように見えますが期待するほどではありません。

この主な理由は単純で、普遍的に人間が誤りを犯すという性質を持つ限り、こうしたレビュー自体が完璧とはほど遠いからです。

 

このような方法は、より生産性の高い部分に割り当て可能な人的資源を多く消費します。ほかの分野では仕事の自動化と資源の解放を支援するツールが広がりつつあります。

QA·Cはソフトウェア開発の分野におけるこの種の支援をするツールです。

PAGE TOP