機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

カスタービンエンジンでのPCB社センサの設置について

 
ガスタービンエンジンでのPCB社センサの設置位置について

向上した燃料効率と低排出ガスとの歩み寄りによって、現在のガスタービンエンジンは技術革新があるものの、潜在的な問題がまだ起きます。リーン炎燃焼は、 NOx排出量を低く保ちますが、同時に、ガスタービンエンジンにおける不安定性(燃焼ダイナミックス)を増加させます。この不安定性は、ブレードのような下流部品同様、ノズル、バスケットやトランジションピースなどの燃焼室内の部品が破損することがあり、結果としてダウンタイムと収益の損失を引き起こします。
 

PCB社製の工業用センサは、ガスタービンエンジンにおける動的圧力スパイク、脈動やサージを検出し、測定するために設計されています。圧力センサは、ガスタービンエンジン内の動的圧力現象と燃焼不安定性を検知、計測する3つの方法があります。すなわち、リモートセンサ、クローズドカップルセンサとオンタービンセンサ( OTIS )です。
   
   

PAGE TOP