誘導モータ試験

概要

ap_system.jpg

M-Testソフトウェアヒステリシスダイナモメータを用いた、モータの検査システムです。負荷側が回転数を制御することにより、 トルクの変曲点を的確に捉えることが可能です。

特長

  • 負荷側の制御はPID回転数制御またはPIDトルク制御が可能。誘導モータのようにトルクvs.回転数が直線状でない場合でも、制御パラメータを回転数とすることでモータ特性全領域の試験ができます。
  • イナーシャの影響を除去するために、ランプ測定機能では回転数の増加・減少の両方を測定して平均化処理をすることができます。
  • 最速10ミリ秒間隔でトルクと回転数のデータを取得してグラフに表示します。さらに、オプションでパワーメータや温度センサを接続し、システムの拡張が可能です。

構成品

外観

機器仕様

ヒステリシスダイナモメータ  HD-700
定格トルク 3.1 N・m
トルク精度 ±15 mN・m
最大回転数 25,000 rpm
最大電力 150W (連続), 700W (5分以内)
被試験モータ
最大出力 60W
定格回転数 約1200rpm

接続図

■ ランプ測定について

モーターのトルク-回転数特性を測定する場合、何点かの一定の負荷で回転数を測定する方法をとると、測定値はモーターの温度変化の影響を受けやすくなります。また、ブレーキを徐々に加えて連続してトルクと回転数をスイープ測定する方法をとると、温度変化の影響が少ない代わりに、加速と減速によるイナーシャトルクの影響を受けます。

このスイープ測定法では、計測トルク = 真のトルク値 ± イナーシャトルク となります。

M-Test ソフトは、このスイープ測定法で生じるイナーシャトルクの影響を除去するために、ランプ測定では 「Averaging Down/Up」という処理ができます。 モーターが加速している場合、イナーシャトルクはマイナスに働き、減速している場合はプラスに働きます。もし加速率と減速率が等しければ、真のトルク値は加速と減速のカーブを足して2で割れば求められます。


測定結果

測定結果のAveraging Down/Up処理後

■ 50Hz, 60Hz それぞれでのランプ測定

50Hzと60Hzの比較
50Hz時の特性カーブ
ランプ測定の条件の設定
50Hz と 60Hz の比較

ソリューション一覧へ