機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

ソリューション

ステッピングモータの測定

概要
ステッピングモータの各種特性を測定します。必要な測定項目に応じて機器を選択します。
 
測定項目 機器
角度精度、ダンピング ロータリエンコーダ、角度計測ソフトウェア
角度-トルク、ホールディングトルク、ディテントトルク ギヤ付きサーボモータ、トルク計、CoggingTestソフトウェア
プルイントルク、プルアウトトルク パウダーブレーキ、トルク計、M-Test7ソフトウェア
 

角度精度、ダンピング測定

構成
stepping_motor_01.jpg stepping_motor_02.jpg
 
ダンピング測定
ステッピングモータに1パルスを入れたときの角度の応答波形を取得し、位置が安定するまでの時間を測定します。
stepping_motor_03.jpg
グラフ①: 1パルスの応答波形
stepping_motor_04.jpg
グラフ②: 連続パルスの応答波形
 
角度精度
ステッピングモータの位置決め精度を測定します。
1パルス毎に進むべき制御角度と、実際に測定した角度との誤差を測定します。
stepping_motor_05.jpg
0から360° 回したときの制御角度 vs. 測定角度
 

角度-トルク、ホールディング、ディテントトルク

構成
モータのコギング測定用ソフトウェアを使います。ギヤ付きサーボモータで軸を回し、角度とトルクを測定します。
 
stepping_motor_06.jpg stepping_motor_07.jpg
 
角度-トルク
ステッピングモータを励磁し、0.05rpmなどの極低速回転で軸を回して角度とトルクを測定します。
stepping_motor_08.jpg
 
ホールディングトルク
ステッピングモータを励磁し、1rpmなどの低速回転で軸を1周回して角度とトルクを測定します。
stepping_motor_09.jpg
 
ディテントトルク
ステッピングモータを励磁せず、1rpmなどの低速回転で軸を1周回して角度とトルクを測定します。
stepping_motor_10.jpg
 

プルイン、プルアウトトルク

構成
M-Test7ソフトウェアを使います。ブレーキ負荷をスイープしながらトルクと回転数を測定し、DSP7001のI/Oポートからアナログ電圧を出力してモータの周波数を変えます。
 
stepping_motor_11.jpg stepping_motor_12.jpg
 
プルイントルク
ブレーキ電流を印加した状態でステッピングモータを駆動します。ブレーキ電流を徐々に減少させて、モータが同期して回転するときのトルクを測定します。モータの周波数を変えながら測定を繰り返し、周波数とトルクの特性を得ます。
stepping_motor_13.jpg
 
プルアウトトルク
ステッピングモータを駆動した後、ブレーキ電流を徐々に増加させます。モータが脱調したときのトルクを測定します。モータの周波数を変えながら測定を繰り返し、周波数とトルクの特性を得ます。
stepping_motor_14.jpg

 

pageback_arrow.gifソリューション一覧へ

detail__vid--text.png

はい (3)
いいえ (1)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。