IIFES2019(旧SCF/計測展TOKYO)出展のお知らせ

開催時間

10:00~17:00

●場所

    東京ビッグサイト 西ホール 1-13


展示会名:IIFES2019(旧SCF/計測展TOKYO)
会期:2019年11月27日(水)~29日(金) 10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト 西ホール
小間番号:1-13


出展予定製品
<<PCB Piezotronics社>>


予知保全・状態監視用振動センサ設置例

  • <予知保全/状態監視用 振動センサ>
  • 低周波応答 工業用ICP 加速度センサ
    低回転数の機器に常時接地して振動を監視
    大型ファン・空調機器、大型構造物の振動測定に最適
  • 高周波応答 工業用ICP 加速度センサ
    高回転機器へ常時接地して振動を監視
    ベアリング、ギアボックス、コンプレッサーなどの振動測定に最適
  • 高温対応 工業用ICP 加速度センサ
    製鉄、製紙、ガスタービンエンジンなどのアプリケーションに最適
  • 4-20mA 工業用加速度センサ
    加速度、速度、変位出力対応
    PLC、DCS、SCADAなどの制御システムに直接接続可能な4-20mA出力
  • 防爆型 工業用ICP 加速度センサ
    日本国内の本質安全防爆TIISに対応した加速度センサ
    TIIS以外にもFM防爆(米国)、ATEX(欧州)対応の加速度センサもございます


PCB Piezotronics社 工業用振動センサ


<ボルト締結関連計測器>
ボルト軸力&ねじトルク測定用ロードセル FTA9000
 ねじ面と着座面のトルクを分離計測可能
 ボルト締結に関する多様な解析手法に対応
 20kN~1,800kNまで幅広い計測レンジ


トルク角度レンチHTA7000シリーズ/トルク角度センサPC9000シリーズ
 ボルト締結時のトルクと角度をアナログ信号で同時出力
 実環境でのスナグトルクを簡単に取得可能
 軸力/角度の相関など独自性の高い解析手法に対応

  • < ICP – USB 変換モジュール「485B39」>  
  • 現場や出張先で手軽に振動・音の計測ができる画期的なポータブルデバイス
  • アンプ内蔵型-振動センサやマイクロホンを接続して、タブレットで簡易的な計測が可能
  • セッティングの工数・手間を削減し、簡単・手軽・短時間の計測に最適


The Modal Shop社 ICP – USB 変換モジュール「485B39」

  • <軸振動センサ校正器​「9110D」> タービン・圧縮機の状態監視用システムのメンテナンスに 
  • 5Hz~10kHzの範囲内で、動的(振動)に校正可能
  • ISO17025に準拠した書式の校正成績書を発行可能
  • 堅牢構造&小型で持ち運びが容易


The Modal Shop社 軸振動センサ校正器「9110D」

<<MTS社 Temposonics® 磁歪式直線変位センサ>>
<特長1> 高い精度と優れた環境耐性を両立
非接触式位置検出なので、摩耗の心配がありません。周辺に油、粉塵、鉄粉、水が多い環境でも問題なく使用できます。


<特長2> 多様なインターフェースに対応
産業用イーサネットであるEtherCAT、EtherNet/IP、PROFINET、POWERLINKに加えて、従来のアナログ、デジタル出力もご用意。
 

<新製品のご紹介>
Temposonics® 「Rシリーズ」の新しいモデル「 RシリーズV」を展示いたします。
従来のRシリーズセンサに比べ動作温度が拡張し、耐振動性、耐衝撃性が向上しています。
更にメモリおよび温度センサを新規搭載したことで、稼働時間や温度などのログデータ保存による自己診断が可能となります。


この他にも多数展示いたします。ご来場いただき、製品をご覧いただきたいと思います。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

※展示製品は予告なく変更する場合がございます。ご了承ください。