Zuragon

ViCANdo

新商品

データ解析における工数の大幅な削減と効率化を実現

自動運転車やADAS(先進運転支援システム)搭載車には、カメラ、レーダー、LiDAR、GPSなどの様々なセンサーが搭載されています。ViCANdoは、これらの各種センサーをはじめ、CANインターフェースなどの信号を取り込んで記録するデータロガーで、記録したデータをそれぞれ時間の同期がとれた状態で正確に再生・表示することができます。

製品マニュアル

特長

  • データの再生・分析機能に加えて天候や走行パターンなど、収録したデータを走行シーン毎に自動的に分類する機能を搭載
  • 収録したデータの中から試験に必要なデータだけを抽出するクラスタリング機能により、例えば車両の車線変更前後など特定の動作のデータだけを自動で抽出することが可能
  • Velodyne LiDAR社、RoboSense社、Ibeo Automotiv System社など複数のLiDARベンダーからのポイントクラウド(点群)データの可視化にも対応
    SDK(ソフトウェア開発キット)でLiDAR用の独自のGUIを開発することも可能
  • マルチプラットフォームで動作するように設計されており、Windows、Android、Linuxなどの各種OSに標準対応
  • KvaserやVectorといった車両開発において広く利用されているテストツールもサポート
    CANデータベースのフォーマットとは別にKvaserおよびVectorがサポートしている形式でデータをインポート/エクスポートすることも可能

仕様

データ収録装置

ノートPC/Android端末や専用のハードウェアに加えて様々なハードウェアでViCANdoを使用可能

データ収録装置

サポートされているセンサー一覧

VelodyneやRobosenseなど専用ビューワーのオプションをご用意しております。

サポートされているセンサー一覧

アプリケーション

Vicanlog/Vicando共通のアプリケーション例

自動パーキング評価

自動パーキング評価

以下は動画で紹介する予定です。

LKAS評価
自動クラスタリング機能
センサーフュージョン評価
Radarを使用した鳥瞰図