5080A BlueLineシリーズモジュール型チャージアンプ 5080A-4P/-4T/-16P/-16T

圧力、温度をそれぞれ4チャンネル、16チャンネル接続して測定が可能なプリアムス社製 BlueLineシリーズチャージアンプです。カスケード接続が可能となっており、ご使用の 射出成形機のシステム構成に合わせてチャンネル数を自由に変更できます。
これらのチャージアンプは、Blue Line Core(8080Aまたは8280A)に接続して使用します。 ケーブルはVARANインターフェース※に対応しており、このケーブルに供給されている 電圧を使用して動作するよう設計されています。これらのアンプ自体もVARANインターフェース、 EUROMAP75に完全準拠します。
※VARANとは射出成型機およびその周辺機器を接続する専用のネットワークのことです。

製品一覧を見る

特長

圧力、温度をそれぞれ4チャンネル、16チャンネル接続して測定が可能なプリアムス社製 BlueLineシリーズチャージアンプです。

仕様

チャージアンプ

分解 1pC
直線性 <0.02%
測定誤差 <±1%
温度係数(ゲイン) <±150ppm/℃
アナログ信号帯域 1KHz

温度センサ用アンプ

センサタイプ N J K L 対応
自動保圧切替 N型のみ対応
測定レンジ 0 ~ 500℃
分解能 0.15℃
測定誤差 <±1%
アナログ信号帯域 1KHz

一般事項

重量(5080-4P) 0.661kg
(5080-16P) 0.663kg
(5080-4T) 0.627kg
(508016T) 0.672kg
電源電圧 18 ~ 36Vdc
消費電力 <2.5W
最大リップル電圧 2.5Vpp
最大電流 2.0A(カスケード接続時)

データシートはこちら