PCB Piezotronics,Inc

ボルト締結データ解析器 Model 962

Model 962 ボルト締結データ解析器はバッテリー駆動で2chの入力が可能です。一つのチャンネルにはトルクセンサ、トルク角度センサ、トルクレンチタイプセンサ、トルク角度レンチを接続します。ボルト締結時の締結トルクと角度を時系列で測定することができ、トルクと角度の関係を調べることが可能です。もう一方のチャンネルに軸力測定用ロードセルを接続した場合は、トルク・角度・軸力の関係を調べることが出来ます。電動工具、エアツール、トルクレンチなどの多くの締結工具の測定に用いることができます。

製品一覧を見る

特長

  • 動力工具やトルクレンチを使用してボルトを締結する時のトルク・角度の関係を測定
  • トルクセンサ・トルク角度センサ・軸力測定用ロードセル等のセンサを同時に2ch入力可能
  • 専用ソフトFastPlot2を用いてPCに数値データ、グラフをアップロードし、エクセルに出力可能
  • 3回以上測定を行うと、標準偏差と工程能力指数Cpkを自動計算して表示
  • 数値データ、グラフともに表示可能
  • ボルトのトルクと軸力の解析
  • ボルト締結時のトルクと角度の関係
  • 動力工具、トルクレンチの性能試験
  • ボルト締結における問題点の検証
  • 日本語版取扱説明書

仕様

  • トルク VS 時間
  • トルク VS 角度
  • 角度 VS 時間
  • 軸力 VS 時間
  • 軸力 VS トルク
  • 軸力 VS 角度

エクセルにデータを出力すると、トルク・角度・軸力・時間データがすべて表示され、自由にデータ処理を行うことができます。